ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マッサンの遺言 「国際結婚だけはするな」の真意を孫が明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウイスキー造りに情熱を注ぐ国際結婚夫婦の物語が評判のNHK朝ドラ『マッサン』。モデルとなった竹鶴政孝・リタ夫妻を知る子孫・竹鶴孝太郎氏(61)が、祖父母との秘話を明かしてくれた。(文中一部敬称略)

 1920年にスコットランドで結婚し日本に帰国した夫妻だが、2人を待っていたのは苦難の連続だった。ドラマ同様、不景気でウイスキー造りができなくなり、政孝は酒造会社を退社。リタが英語教師の仕事を探して家計を支えた。1940年にようやく「ニッカウヰスキー」を発売した。しかし翌年、日本は太平洋戦争へと突入。日本にいる欧米人は「敵性外国人」と見なされ、結婚で帰化していたリタにも特高警察の尾行がついた。

 そうした幾度もの苦難を乗り越えてきた2人に離別の時が訪れる。1961年1月、リタは64歳で他界してしまう。スコットランドに残してきた母が亡くなった5年後のことだった。

「その朝、祖父は『おばあちゃんが死んじゃった、おばあちゃんが死んじゃった』と、あたりをはばからずに大きな声で泣きわめきました。葬儀は自宅で行ない、祖父は蒸留所を見下ろせる高台に、自分の名も刻んだ墓を建てました」(以下、カギ括弧内は孝太郎氏)

 そして1979年8月、孝太郎氏が26歳の時、政孝は85歳で世を去った。

「親族が故人の唇を湿らせるお別れの儀式が始まると、まず父の威がウイスキーを含ませた刷毛の先で、祖父の唇をやさしく撫でました。父らしい優しいやり方でした。でも、僕は祖父にはその程度の量では足りないと思い、ウイスキーを祖父の顔や体に振りかけました。あたりに芳醇な香りがたちこめ、祖父の顔はとても満足そうに見えました」

 最後の見舞いに行った孝太郎氏に、政孝はこう言い遺したという。

「お前は国際結婚だけはするなよ」

 それは愛する妻に苦労ばかりかけてしまったことへの懺悔と葛藤から出た言葉だったのか。

「僕と祖父2人きりの時でした。『余計な苦労をかけてしまった』『(国際結婚しなければ)リタはもっと長生きできたと思う』と。祖母は自分の母親の葬儀やお墓参りにも行けなかった。祖父にはそうしたことへの無念があったのでしょう」

 ドラマ『マッサン』では、いよいよウイスキーの蒸留所造りに取りかかる。数多の笑いと涙のエピソードに彩られた政孝・リタ夫妻の人生が、この先どう描かれるのか楽しみである。

【プロフィール】
◆竹鶴孝太郎(たけつる・こうたろう)1953年北海道余市生まれ。15歳まで余市町に住み、幼少期から少年期までを政孝およびリタと同じ屋根の下で過ごす。青山学院大学を卒業後、ニッカウヰスキーに入社。約20年間勤務した後退社し、ブランドコンサルタントとして活躍。現在、ビジュアル制作大手・アマナの事業開発室室長を務める。著書に『ウイスキーとダンディズム 祖父・竹鶴政孝の美意識と暮らし方』(角川oneテーマ21)、『父・マッサンの遺言』(監修、KADOKAWA/角川マガジンズ)。

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
竹鶴政孝と妻・リタの名を冠にした缶入りハイボールが発売
『マッサン』で業界注目するニッカVSサントリーの創業者対決
『マッサン』朝ドラの王道ありつつプロジェクトX的な要素も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP