ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus Root Tool KitはAndroid 5.0の「端末の暗号化」機能を強制的に無効にすることが可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 6 や Nexus 9 など Android 5.0 (Lollipop)で発売された機種は工場出荷時の状態で端末の暗号化機能が有効になっており、設定メニュー上などからは無効にできませんが、Nexus デバイス用の Windows ツール「Nexus Root Tool Kit v1.99」を利用すれば無効にすることができます。どうやら暗号化機能を無効にするにはカーネルの書き換えが必要になるらしく、Nexus Root Tool Kit では該当機種の暗号化無効の設定のカスタムカーネルを自動的にダウンロードし、書き換えてくれます。このような処理で暗号化機能を無効にしています。操作方法は Nexus Root Tool Kit を起動し、画面左上の「Change」ボタンをクリックしてデバイスと OS バージョンを接続した端末に合わせます。次に、Advanced Utilities の「Launch」をクリックし、Fastboot Flash の「Boot[Kernel]」をクリックします。そして、「No-Force Encrypt」をクリックすると書き換え処理が開始されます。処理は自動的に行われ、再起動すると「セキュリティ」メニューの暗号化セクションが無効の状態になっているはずです(Nexus 9 LRX21R の場合は無効になりませんでした)。Source : YouTube(作業手順動画)、Nexus Root Tool Kitダウンロード先


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC HIMAにはWindows Phone版もあり? HTC Butterfly 3やRe Camera 2のモデル情報も流出
KDDIのFirefox OSスマートフォン「LGL25」のマニュアルの一部が流出、製品デザインが判明
Huawei、ミッドレンジ向け64bit対応8コアプロセッサ「Kirin 620」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP