ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、ミッドレンジ向け64bit対応8コアプロセッサ「Kirin 620」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei 傘下のチップメーカー Hisilicon が「Kirin 620」と呼ばれる 64bit 対応の 8 コアプロセッサを発表しました。Kirin 620 は、ARM Cortex-A53 を 8 基内蔵した CPU と ARM Mali-450 GPU を搭載したミッドレンジクラスのスマートフォン・タブレット向け SoC。来年以降の Huawei 製スマートフォン・タブレットではよく目にすることでしょう。CPU クロック数は最大 1.2GHz で、メモリは LPDDR3 をサポート。最大 1,300 万画素カメラや HDR 撮影、1080p のエンコード / デコード、下り最大 150Mbps の LTE Category 4 などもサポートしています。Source : Huawei


(juggly.cn)記事関連リンク
日本のGoogle PlayストアでNexus 5 16GB / 32GB ブラックの販売が再開
LG G Watch Rがau Online Shopで発売開始
Android用「Googleニュースと天気」がv2.2にアップデート、暗いテーマや記事の検索機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP