ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】神田憲行『「謎」の進学校 麻布の教え』語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】神田憲行氏/『「謎」の進学校 麻布の教え』/集英社新書/759円+税

〈この学校、何かが「変」〉。それが「麻布」(私立麻布中・高等学校)に対する神田憲行氏の印象だったという。早速取材を申し込むと学校側の対応がまた「変」なのだ。

〈変とおっしゃられても、我々としては理念に基づいて教育しているわけでして〉
〈そうだよな……〉
〈変なことをしているという自覚もありませんし〉
〈……〉
〈というわけで、今後の取材、よろしくお願いします〉
〈えっ、いいんですか!?〉

 さらに当時の校務主任、彦坂昌宏氏は快諾した理由を〈自分たちの教育が外部の方の目にどう映るのか、とても興味があります〉と説明し、変なら変で、どう変かを知りたがる探求心は、本書『「謎」の進学校 麻布の教え』の著者と対象が一蓮托生の共犯者とも言える。

 実はこの「というわけで」が順接を成すのが、麻布の麻布たる所以。常に東大合格者数上位の超難関校、都会的エリート集団といったイメージの向こうに、武骨なまでに自由を追い求めた素顔の歴史が浮かび上がる。

 自身は大阪生まれ・奈良育ち。小中高と、〈どちらかというと程度のあまりよろしくない学校〉出身とある。

「それこそ大学進学を志望した僕に、『運動を頑張れ。そしたら運動部が拾ってくれる』と教師が言ったくらいで、なんやその進路指導って(笑い)。東京の私立、しかも御三家の麻布なんて、眩しすぎてクラクラしましたけど、他の学校ではここまで書けなかったと思う」

 取材依頼から足かけ4年、神田氏は全ての校内行事を見届け、〈麻布の算数は美しい〉とも評される入試問題の秘密を探るべく、大手進学塾の講師にも話を聞いた。

「例えば麻布の算数や国語は解答欄が大きく、解答に至る考え方もちゃんと見て、〈部分点〉もくれる。しかも1問目が2問目、2問目が3問目の伏線を成す美しい問題は解きながら理解の道筋が身に付くよう意図され、作題にも採点にも、当然時間がかかるんです。

 その手間を惜しまないのも入試問題が学校の〈顔〉だからで、解答欄の広さにその学校の方針を読み取ることも、できると思う。また塾で、血液1ミリリットル中の赤血球の数を教えると、ノートに書いて覚えるのが開成志望の子、〈先生、どうやって数えたんですか〉と質問するのが麻布志望の子らしい。知識の量より、それをいかに活用するかを問うのが、麻布の入試だと言えます」

 その姿勢は授業にも通じ、英語は〈生の英語を読ませる原典主義〉。また、国語は中3で〈卒論〉、社会は高1で〈修論〉があり、テーマも〈「東ドイツ国民から見た東西ドイツ統一と東ドイツ」〉等々、そこらの大学生顔負けだ。

「麻布ではむしろ大学受験が近づくと授業のレベルを下げるんですよ。また、麻布の中学入試の問題検討会議では、教職員の間で〈「誰がこんな問題作ったんだ」〉という怒号が飛び交い、生徒の好奇心にとことん向き合う先生方の情熱が実に印象的でした。

 ただ最近は親たちの希望が現役合格の実績に傾き、入口(偏差値)と出口(大学合格者数)ばかり重視する。それでも真ん中、つまり教育の中身に惚れる人が麻布を選び、最も多感な6年の過ごし方を費用対効果で決めていいのか、結局問われているのは親や我々の“教育観”だと思います」

 理想の教育と大学合格数という現実があるとすれば、〈二兎を追う〉のが麻布だ。氷上信廣前校長は学校運営を〈山の稜線を歩くようなもの〉と喩え、片方だけに転んでは元も子もないのだ。

「理想とは要するに、〈自由に生きよ〉ということです。僕なんか自分が教わってきた学校で『人に迷惑をかけるな』としか言われなかったけど、迷惑かけていい、むしろかけた時にどうするかを麻布では考えさせる。かと思うと『自由すぎるのが欠点』と冷静に言う子もいるのが麻布です」

 本書の後半には1970年代に教員・生徒側と理事長側が衝突し、〈自治の誇り〉を獲得した学園紛争の歴史も綴られ、自由とは何かを校長以下が共に考え、一から議論するフラットな関係が印象的だ。正解は誰かから下されるものではなく、そもそもないかもしれない。だからこそ教員も生徒もなく共に悩み、「謎を謎として」抱え続けた時間が、後々無二の財産や教えとなるのだろう。

「僕の勝手なイメージでは、開成が保守本流なら、石を投げるのが麻布で、OBも変な人が多い(笑い)。原発関連企業への融資拒否を表明した城南信用金庫の吉原毅理事長も麻布出身ですし、常に自分は何者かが問われる分、独特の〈緊張感〉やしんどさも感じました。

 つまり僕は麻布の応援団というわけではなく、なぜ僕はこの教育を受けられへんかったんやという怒りが原点(笑い)。私学でも公立でも良き教育なら普遍化されるべきで、そのために麻布の何が優れ、何が問題かを公開したかったのです」

 そう。好奇心にとことん向き合う教育が変だとしたら、今の普通こそ変なのだ。

「特に教育は時の政治に振り回されてきた歴史もあり、しかも結果が出るのは10年、20年先。その間にも人間が育っていく重みと向き合う人が本物の教師だと思うし、氷上先生みたいな教師に出会えると僕は純粋に嬉しくなるんです。若い世代をこの教師たちが育ててくれるなら未来は明るいなって」

 辛酸なめ子氏が〈麻布病〉と帯に至言を寄せるように、良くも悪くも麻布は麻布。その変でいて、やけに感動的な魅力に、受験生の親ならずともハマること必至だ。

【著者プロフィール】神田憲行(かんだ・のりゆき):1963年大阪生まれ。小中高と奈良で育つ。関西大学法学部卒業後、故・黒田清氏の事務所を経て独立。1992年より1年間ベトナムで日本語学校教師を務め、帰国後は高校野球を20年以上取材。「教育がいかに大事か、本当に子供のためを思う指導者たちに教えられました」。著書に『ハノイの純情、サイゴンの夢』『97敗、黒字。楽天イーグルスの一年』『八重山商工野球部物語』、共著『横浜vs.PL学園』等。175cm、75kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
学習院大学の「教育学科」 佳子さまの進学を見据えて新設か
姿隠す大津いじめ担任 学校は「何喋るかわからない」と危惧
「洗脳教育」進める朝鮮学校授業料をタダにする文科省の異常

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP