ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武者小路実篤も愛した老舗の桜鍋 部位はヒレやバラ等5種類

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ忘年会シーズンに突入。仕事仲間や家族、大切な人と囲みたいちょっとリッチな「ぜいたく鍋」としてここで紹介するのが、中江本店(東京・台東区)の「桜なべ ロース」(1700円。1人前)だ。同店は文豪・武者小路実篤も愛した老舗として知られる。

 脂ののった5~7歳馬の肉のみを使用。生醤油にざらめを加えた割下と秘伝の味噌ダレが味を引き立てる。馬肉は脂がまろやかで、噛むほどに旨味が広がる。シメは割下に中落ち肉とおぼろ豆腐、溶き卵を加えたものをご飯にのせて。部位はヒレやバラなど5種類があり、桜つくねやザクも用意。コースで桜尽くしも楽しめる。

◆中江 本店
【住所】東京都台東区日本堤1-9-2
【営業時間】火~金:17~21時半(L.O.)/土日祝:11時半~20時半(L.O.)
【定休日】月(祝日の場合は営業、翌日休み)

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
絶品! フワフワな「ツナ納豆卵とじ丼」の作り方
北海道産の毛蟹1杯と1本分の大根が入った老舗料理店の絶品鍋
1杯2000円 じゃがいもと玉子麺の最強コラボ冷やし中華

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP