ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中森明菜が来年1月に約5年半ぶりとなるオリジナルシングル&カヴァーアルバムを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中森明菜が1月21日(水)にシングル「Rojo -Tierra-」、1月28日(水)に歌姫シリーズの第4弾カヴァーアルバム『歌姫4 -My Eggs Benedict-』を発売する事が決定した。

1月21日(水)リリースのシングル「Rojo -Tierra-」だが、明菜のシングルは09年の「DIVA Single Version」以来、実に5年4か月ぶりとなる。タイトルの「Rojo」は「赤」で、サブタイトルの「Tierra」は「大地」を意味している。 歌姫復活に相応しい、中森明菜にしか歌えないエキゾチック・エレクトロニック・ダンス・ミュージックが完成予定で、アフリカ風サウンドとEDMと生命を感じさせる歌声が融合し、明菜史上、類を見ない新しい作品が誕生しそうだ。

そして、1月28日(水)にリリースされるアルバムは、「現時点で明菜のボーカルを最大限に引き出せるもの」として、カヴァー曲に特化した〝歌姫シリーズ〟の続編となっている。毎回異なる趣きの選曲が話題の『歌姫』シリーズだが、今作のコンセプトは、「ラブソング」。70年代後半~2000年の名曲が選曲されており、原曲の素晴らしさに引けを取らない、強い歌心が響きわたる明菜ワールド全開のラブソング集になる予定で、 このコンセプトを、1枚のお皿を愛らしく彩る対の“エッグ・ベネディクト”になぞらえ、よりイメージが膨らむようなサブタイトルがついている。 収録曲については、倖田來未の「愛のうた」、中島美嘉の「雪の華」のほか、Kiroroの「長い間」、オリジナル・ラブ「接吻」、南佳孝「スタンダード・ナンバー」などが収録される予定。約5年間の活動ブランクがある中森明菜だが、今回のリリースで歌姫復活に期待がかかる。

シングル「Rojo -Tierra-」
2014年1月21日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
¥1,700+税
【通常盤】(CDのみ)
¥1,200+税

カヴァーアルバム『歌姫4 -My Eggs Benedict-』
2014年1月28日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
¥3,500+税
【通常盤】(CD)
¥3,000+税

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
中森明菜 オフィシャルHP
中森明菜、5年ぶりの新曲をベストアルバム2タイトルに収録

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP