ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝青龍 白鵬の歴代最多32回の優勝達成は「素直にうれしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝青龍が2010年2月に電撃引退してから早5年。ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏(34)は現在、モンゴルの首都ウランバートルで実業家としての日々を暮らしていた。ノンフィクションライター柳川悠二氏が現地で今の大相撲について、11月のある日にインタビューした。

──たびたび来日して本場所にも足を運んでいるとか。

「地方場所が多いね。現役時代にお世話になった人に会いたいから。客として見る相撲は面白い。現役力士に対してああだこうだ言わないようにしているけど、体がうずうずしちゃう。“こういう体の鍛え方をしたら最後、土俵際で残れる”とか“この力士はまわしが取れるようになったら強くなるのに”とか。私は相撲界の博士だからね」

──昨晩は、遊牧民族出身の逸ノ城が白鵬に挑んだ一番に憤っていた。

「うん、逸ノ城に対してね。横綱と初対戦だった9月場所と同じ、あっさりした負け方をした。私が丸関(武蔵丸)と初めてやった時は、思いっきりぶつかって、横綱の壁はどんなもんだろうか感じようとした。

 勝てる相撲は、2回目の対戦から考えた。横綱に勝つ方法を寝ている間もずっと考えていた。そういった闘志が彼には感じられなかった。『逸ノ城くん、何やってんだい?』と言いたい」

──ただ、彼は21歳で、初土俵からわずか6場所目ですよ。

「関係ないよ。実力があるから、上位で戦っているんだから。これからの世代の力士には、死ぬ気で努力して欲しい」

 インタビュー中、彼のオフィスには大相撲中継が流れていた。11月場所で、モンゴルの後輩である白鵬は大横綱・大鵬の持つ歴代最多優勝回数の32に並んだ。「32」という数字は、朝青龍も目指した数字のはずだ。角界に未練を残す朝青龍は、後輩の快挙を素直に喜べるのだろうか。

「白鵬については、まず私の目標としていた千代の富士さんの31回に肩を並べた。それだけですごいことで、既に大横綱。素直にうれしいよ。私も20回までは若さと稽古の力だけでいけた。25回優勝したあとに、ケガがあり、そして出たら目なことが起こって、32回の優勝を断念することになった」

──本音は、悔しいでしょ?

「しょうがないよ!! 悔しいとかああだこうだというのはない!」

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
内館牧子「朝青龍と相撲以外で会っていたら気が合ったはず」
『超五十連勝力士碑』に横綱・白鵬の名がまだ刻まれない理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP