ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

原発事故現場・大熊町民の複雑な心境と声を丹念に拾ったルポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『さまよえる町 フクシマ曝心地の「心の声」を追って』三山喬/東海大学出版部/1800円+税

 福島の原発事故で「全町避難」となった“曝心地”大熊町。かつては「原発の町」として県で最も裕福な地として栄えたが、事故後生活は激変。1万人余の住民は異境の町に散り、今もさまよい続けている。

〈大熊被災者のことばの見えにくさ。そこには、「原発の町」ならではの入り組んだ諸事情と、彼ら自身の寡黙さがあった〉

 出口の見えない国の施策に住民は何を思うのか。事故から3年、被災者の複雑な心境と声を丹念に拾い続けたルポ。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
臨界事故経験の東海村村長 東海原発止めたほうがいいと意見
パステルのポップな原発建屋に「住民は何の疑問も持たない」
チェルノブイリ経験医師「100%大丈夫な原発技術ありえない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。