ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Android版OneDriveをv2.9.3にアップデート、共有アイテムのプッシュ通知機能やPINコード再入力までのタイムアウト時間の調節に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft のクラウドストレージサービス「OneDrive」の Android アプリが v2.9.3 にアップデートされました。今回のアップデートで、共有したファイルやフォルダに変更が加えられるとその内容をプッシュ通知する新機能が追加されました。また、OneDrive for Business ユーザー向けにファイルの縮小表示に対応したほか、PIN によるアプリの認証機能で PIN コードのタイムアウト時間をカスタマイズできるようになりました。PIN コードのタイムアウト時間のカスタマイズ機能は、アプリを停止してから何秒 / 何分後に再入力を求めるかを設定するものです。例えば、1 分に設定している場合はアプリを停止して 59 秒以内であれば PIN の再入力を行うことなくアプリを利用できます。「OneDrive」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、「Chromebook C300MA」と「Chromebox M130U」を12月12日より発売
Microsoftが「Torque Search 2.0」をリリース、スマートフォン・タブレットでも端末を振るだけでBing音声検索が利用可能に
FeedlyのAndroidアプリがv25にバージョンアップ、設定メニューがついにリニューアル、Twitterも統合

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP