ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全日本スナック連盟会長・玉袋筋太郎 スナックの良さを力説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あら~、玉ちゃん、お久しぶり~」

 重い扉を開いて颯爽と現れた玉袋筋太郎(47才)。全日本スナック連盟会長、その人である。座るや、「はい、どうぞ!」とママ。チューハイ片手に乾杯のかけ声とともに取材が始まった。

「女性だって、スナックに行ったほうがいいと思うよ。行ったことがない人は、怖いとか、怪しいんじゃないかとか、ボッたくられるんじゃないかって心配するけど、そんなことないって!」

――ところで会長、スナックの良さってなんでしょう?

「今は便利な世の中で、なんでもマニュアルでしょ? その点、スナックには、マニュアルなんてないからね。全国に10万軒あるんだけど、全部違う。自分の嗅覚だけを頼りに、開けたことのない扉を開ける、そんな楽しいことはないと思うよ」

――とはいえ、旅先でフラッと知らないスナックに入って、怖い経験をしたり、ハズレだと思ったこともあったのでは?

「怖い経験は一度もないね。ただし、ハズレはある(笑い)。でも、おれはハズレもアタリだと思ってるからね。話のネタになるし、忘れられない旅になるじゃない。実家に帰った時に地元のスナックに行くと、しばらく会っていない友達の近況が聞けたり、ばったり知り合いと会ったり、ミラクルが起きると思うね」

 横でじっと話を聞いていたお客さんが、玉ちゃんに「忙しそうだねぇ」と気軽に話しかけ、お酒談議が始まった。しばし取材は中断…。

「こうやって、たまたま隣に座ったお客さんと話をするのも楽しいじゃない。女性の皆さんもせっかく行くなら、ママやお客さんと積極的にコミュニケーションを取ったほうが楽しめると思うよ」

――でも、ママはともかく、おじさんたち相手に、どんな会話をしたらいいんでしょう。

「まずは自己紹介だね。自分が何者で、どこから来たのかとか、何をしているか、とか話してみるといいんだよ。そのうち、共通の話題が見つかって、盛り上がるって!」

――逆に、しちゃいけない話題とかって、ありますか?

「酒場の御法度ネタは、政治・宗教・野球。仕事や近所づきあいと一緒だね。その点、芸能ネタはアリ! 『女性セブン』を読んでる人であれば、みんなが知らないことを知っているから、たちまち会話の中心になるはず!」

――なるほど! なじみになりたいなら、どれぐらいの頻度で行けばいいですか?

「最初のうちは週に1回程度かな。顔を覚えてもらって、あとはスナックのカードを何枚持てるか。安くあげたいならあそこ、愚痴を聞いてもらうならあそこ、みんなでワイワイするならあそこってね。これが大人のたしなみだよね(笑い)」

――最後に、気になるお値段ですが…?

「さっきも言ったように、スナックはマニュアルがないのがマニュアル。値切ったってオッケーです。例えば3人で行くなら、『1人3000円でやってよ!』って言ってみる。そうしたらママが『1人4000円ならいいわよ』なんてね。ファミレスとかじゃあ、あり得ないでしょ? でも、スナックだったらそれもアリなんだよ。

 ただし、忘れちゃいけないのは、多くの店は値上げもせずに出血覚悟で商売しているから、無茶はダメ。値段交渉もコミュニケーションの一つだと思って、楽しんでほしいね」

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
初訪問のスナックで居心地良く過ごす方法を玉袋筋太郎伝授
スナックの作法 「名刺交換をしてはいけない」とスナック通
通った店100軒超 漫画家・東陽片岡が語るスナックの魅力と作法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP