ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

航空自衛隊 エボラ出血熱防護服2万着をガーナへ輸送

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

西アフリカで拡大しているエボラ出血熱(Ebola hemorrhagic fever)封じ込めのために、世界各国の協力が呼びかけられています。
日本政府は国際社会の歩調に合わせて、資金面も含めた支援を惜しまない姿勢を示してきました。当事国での感染封じ込めを行うための協力も進んでいます。

国連の要請を受けた日本政府は、国際緊急援助隊法を根拠に、航空自衛隊に指示。12月6日、航空自衛隊愛知県小牧基地はガーナへ向けて、防護服2万着を積んだKC767空中給油・輸送機を送り出しました。輸送機は8日にガーナに到着予定。なお、現地での防護服の配布は国連が担当し、最終的には70万着を供与する方針とのことです。

アメリカをはじめ、先進国でのエボラ出血熱感染者が出ていることから、日本でも感染者が発生した場合の対策が整備が進められました。すでに、主要な国際空港では、検疫法に基づいた隔離治療の手続きが運用されており、入国後の発症については、感染症法に基づいた拠点となる病院への隔離・搬送が各地で確認されています。

今回の自衛隊派遣について様々な意見がありますが、国際協力としての運用には一定の評価を示す意見も多いようです。エボラ出血熱に限っていえば、感染者の隔離治療について充実させるよりも、当事国での感染封じ込めを行うほうが、国民の健康を守る上でもっとも最良の方法です。今回の国際協力が、感染拡大の一刻も早い沈静化につながってほしいですね。

※画像:航空自衛隊のサイトより
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/yusouki/KC-767/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP