ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽天モバイル、端末ラインアップに「Ascend Mate7」を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽天傘下のフージョンコミュニケーションズは 12 月 5 日、同社の提供する MVNO サービス「楽天モバイル」の端末ラインアップに Huawei 製 Android スマートフォン「Ascend Mate7」を追加したことを発表しました。現在、楽天モバイルでは Zenfone 5 LTE が販売中ですが、シャープの AUQOS SH-M01 に加え、今回の Ascend Mate7 も端末ラインアップに追加されました。端末価格は一括の場合 48,888 円ですが、24 回の分割でも支払い可能です。分割の場合は月額 1,945 円で利用できます(初回は 4,166 円)。プランは、ベーシックプラン(1,250 円)、2.1GB パックプラン(1,600 円)、4GB パックプラン(2,150 円)、7GB パックプラン(2,960 円)の 4 種類。ベーシックプランは上下200Kbps に制限されています。Ascend Mate7 は、6 インチ 1,980 × 1,080 ピクセルの LTPS 液晶(インセルタッチパネル)と Hisilicon の最新モバイルプロセッサ Kirin 925 オクタコアプロセッサ(Cortex-A15@1.8GHz×4+Cortex-A7@1.3GHz×4)を搭載した大画面・ハイスペックの Android スマートフォン。国内では2GB RAM / 16GB ROMのモデルが提供されます。Soure : 楽天モバイル


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、「HTC One(M7)」と「HTC One(M8)」のGoogle Play EditionのAndroid 5.0.1アップデートを開始、スマートフォンでは初
Android版YouTubeがv6.0.11にアップデート、アプリUIがMaterial Designに
Samsung、GalaxyデバイスのAndroid 5.0アップデート開始を発表、Galaxy Note EdgeやGalaxy S 4、Galaxy Tab Sなどは来年初旬より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP