ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

会社説明会を無断欠席するのは「ブラック就活生」? 学生反発「会社に魅力がないだけじゃん」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
会社説明会を無断欠席するのは「ブラック就活生」? 学生反発「会社に魅力がないだけじゃん」

企業の採用活動において、説明会を無断欠席したり、選考途中で連絡もなしに突然辞退したりする「ブラック就活生」に悩まされている――。そんな記事をキャリコネニュースが掲載したところ、ネットで大きな話題となった。

配信先のニコニコニュースでは700を超えるコメントや、970にのぼるツイートが寄せられた。内容は、就活生に節度ある行動を呼びかける声があるものの、「会社にも反省すべき点があるだろう」と反論するコメントもかなり多く見られる。
すっぽかされるのは「その程度の会社」

目につくのは「この程度でブラック呼ばわりをするな」と就活生側を擁護する意見だ。「ブラック就活生」とは、もともと会社側に使われていた「ブラック企業」という呼び名を転じたものだが、そのような使い方は適切ではないという。

「ブラックって法律違反の犯罪組織に使う言葉やろ?」
「これくらいならグレー就活生ちゃう?」
「あれもこれもブラック付けられててワケ分かんねーよ!」

確かに会社説明会の無断欠席を違法行為と呼ぶのは大げさすぎる。一方で、企業がサービス残業を強要するのは明確な労働法違反であり、これらを一緒に論じるような呼び方は「企業のブラックさをあいまいにするための謀略」というわけだ。

しかし企業側としても、少し体育会系のノリを出しただけで「ブラック」呼ばわりをされることもある。どこかで学生たちに一矢報いたいという思いもあるかもしれない。

また、説明会を無断欠席されるのは「すっぽかされる程度の会社」だという、企業側には耳の痛い指摘もある。「会社に魅力がないだけじゃん」というわけだ。

「その程度の会社なんだろ。本気で入りたい会社ならそんなことはしない」
「申し込んだけど調べたらブラック(企業)だったからやめたんでしょ」

労働条件のよい魅力的な会社の説明会は、どうしても入りたいと思う就活生たちであふれるに違いない。学生の参加率を上げるには「無断欠席されない会社」になればいいという。
説明会へのエントリー煽る「就活サイト」もやり玉に

「サイレントお祈りしてる側がいえることではねーわな」というコメントは、選考で落とした人にきちんと通知しない会社もあるのだから、就活生側だけに厳しいマナーを要求するのはおかしい、という意味だろう。

もちろん「ブラック就活生」の存在に呆れ、批判する声もある。

「これがゆとりかなるほど」「世も末よのぉ・・・」

バブル期にも無断欠席は珍しくなかったという人がいる一方で、「一言くらいは連絡欲しいよね」「こうはなりたくないな、気をつけよっと」という人も。また、すべての就活生がいい加減なわけではなく、「僕はちゃんと断りの電話入れてた」と明かす人もいた。

とはいえ、無断欠席するような学生は誠実さに欠ける。誤って採用してしまう前に判明してよかったのではないか、と採用担当者を慰めるコメントも。

「クソを雇わずに済んでラッキーじゃん。雇う前に分かってよかったね」
「選ぶ手間が省けて良いことやん」

ただ、「ブラック就活生」の背景には、現在の就活システムの問題があるとする批判も根強い。説明会の申し込みがスマホで簡単にできてしまうため、開催日を忘れたり、出席を軽視したりする風潮につながっていると見る向きも。

就活情報サイトが企業へのエントリー数を増やすように煽るため、申し込みを増やしすぎて出席できなくなってしまう。「一番悪いのは、あたかも1週間の(説明会出席)ノルマがあるように見せかけてる就活サイト」と批判する人もいた。

あわせてよみたい:就活サイトの「先輩に追いつく!」ボタンに衝撃走る
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。