ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大物著名人の年賀状エピソード5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

道を究めた大御所たちの年賀状エピソード。そこには、節目の挨拶をおろそかにしない、偉人たちの誠実な人柄が垣間見える。

【画像や図表を見る】

たとえば、王 貞治や田中角栄は、ファン、支持者から毎年山のように届く年賀状一通一通に目を通したり、心を込めて返信したりしていたという。また、池波正太郎も1000通以上の年賀状すべての宛名を直筆で書いていたそうだ。新年が来ると、もう翌年の年賀状のことを考えていたというから驚かされる。作家としても生涯にわたって締め切りを守り通した氏の、几帳面さを物語る逸話だ。

一方で、年賀状に最期の言葉を託す大御所も。「今も猶 やまひ癒えずに告げてやる 文さへ書かず深きかなしみに」。これは石川啄木が歌人仲間に送った年賀状につづられていた短歌で、病床にて死を覚悟した心情を詠んだものだ。

また、坂本 九も亡くなる直前、2人の娘に“最期の年賀状”を残している。「21世紀に年賀状を送る」という企画に際し、飛行機事故の4カ月前に投函されたもので、2001年の正月に本人たちのもとへ届けられた。「ひょっとしたら花子には子供がいるかもネ 良き母として、妻として、ついでに良き娘として…」。愛娘への想いがつづられたメッセージは感動を呼んだ。

年代を超えて慕われる大御所の年賀状。送る相手に対する一流の心配りに学ぶところも多いはずだ。
(榎並紀行/やじろべえ)
(R25編集部)

大物著名人の年賀状エピソード5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

天然全開! 綾瀬はるかの年賀状
3Dアニメの「動く年賀状」登場!
ネット上でつくる簡単住所録
株が上がる?年賀状気の利いた一言
「ビジネス年賀状」のあて先問題

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP