体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

居場所を求めた私に、旅が教えてくれた「地球はひとつ」ということ

image (3)

Satomi「2010年の年越しをベルリンのブランデンブルク門の前でするための旅」より

「旅」と聞かれたら何を想像しますか? 見たことない景色を見て、文化の違いを感じて、美味しいものを食べて、お土産を買って、また次の旅を想像する……。そういうイメージが浮かぶ方は多いかと思います。

私にとって旅とは、成長の通過点であり地球市民になるための材料集めです。地球市民とは、人間はみんな国籍のある国だけではなく地球に住んでいるという考え方で、他の国の出来事を同じ地球市民として、良いニュースは喜び、悪いニュースは悲しんだり、自分に何が出来るのか考えたりする人であることだと思っています。

そして、地球市民になるためには条件が2つあって、客観的に物事を見る、考えるということと「日本人である」ことを忘れるということです。わたしがなぜ「地球市民」を目指そうと思ったのか。それには旅で得た経験が、大きく関係しています。

きっかけは「居場所が欲しかった」

旅の話をする前に、少しだけ昔話をしたいと思います。

私は東京生まれ、東京下町育ち。初めての旅行でグアムを訪れるまで日本を離れたことはありませんでした。物心のついたころから両親から「思ったことは口に出せ」という教育を受けてきました。今では両親からのこの教えに、とても感謝しているのですが、高校生までは友人との関係がとても苦手で、「空気の読めない」人としてクラスでも浮いた存在となり、特に夢中になることもなく、毎日を過ごしていました。

DSC_2789

Ikkoshi Ota「ワイヘキ島」より

ですが、高校二年生の時、初めての短期アルバイトで、ある友人と出会いました。彼女はスイス在住のハーフで、5か国語を話せる子で、当時の私は衝撃を受けました。

彼女を通して、英語が世界共通語であることを始め、バイリンガルやトリリンガルは珍しくない、同じ国に住んでいても様々なルーツを持った人がたくさんいるなど、知っているようで知らなかった世界が一気に拓け、私の中で日本以外の世界に灯りがついたようでした。

「我慢しないで、楽しく過ごせる世界がどこかにあるかもしれない」。彼女との出会いは、これがはじめの一歩を踏み出すきっかけとなりました。

“当たり前”が“当たり前”じゃない世界

それから私が旅に出たのは2年後の春、大学入学前に、そのスイスの友人に会いにジュネーヴへ10日間行きました。初めての一人旅に初めてのヨーロッパ。大きなモールへ行ったり、長距離バスで世界遺産を見に行ったり、友人が学校に行っている間に一人で探検をしたり。何もわからないなりに前へ進む経験が、とても刺激的でした。

181080_425382880828303_2141355307_

Mutsuki Ito「スイス 〜アルプスの大自然を巡る旅〜」より

新しい経験と共に新しい発見もありました。スイスでは夜8時近くになると閉店し、日曜日定休のお店がかなり多いこと、夕食は家族そろって食べる家が多いこと、夜中には人通りが少なくなること……。日本では一部のお店は24時間営業ですし、終電が深夜2時まであり、たくさんの人が夜中まで外に居る日本とは大きく異なることでした。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy