ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸の旅 空港から三宮へ進む左側車窓からの景色素晴らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 光の祭典として知られる「神戸ルミナリエ」。あまりの人気に人疲れしたという思い出に終わってしまうこともある。せっかく行くなら神戸を満喫したい。航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏による連載『“おとな旅”コンシェルジュ』から、この時期ならではの神戸の街の楽しみ方を同氏が提案する。

 * * *
 早いもので、もう師走。クリスマスシーズン突入だ。今年も(こそ?)この時期は大切な人と過ごしたいもの。「大切な人」の定義については人さまざまであろうから、ここではあえて触れない。とにかく今回は、皆さんの「大切な人」と聖夜の前の大切な時期を一緒に過ごすプランをご提案しよう。

 コンシェルジュおすすめのデスティネーションは、港町・神戸である。ご存じの方も多いだろうが、クリスマス前のこの時期(今年は12月4日〈木〉~15日〈月〉までの12日間)、「神戸ルミナリエ」と呼ばれる光の祭典が開かれているのだ。JR三ノ宮駅・元町駅からほど近い旧外国人居留地・東遊園地をメイン会場に、市内がイルミネーションで彩られる。クリスマスシーズンだけの「光の神戸」が満喫できるのである。

 神戸へは新幹線で新神戸駅、あるいは空路で伊丹空港からリムジンバス、というのが一般的だろう。だがコンシェルジュは、神戸空港の利用をおすすめしたい。羽田~神戸はスカイマークとANAが1時間15分で結んでいる。神戸空港から神戸の中心部である三宮までは「ポートライナー」で約18分。
 
 神戸の旅のお楽しみは、すでに車窓から始まっている。進行方向左側に座っていただきたい。神戸空港駅を出発してすぐに列車は左に大きくカーブするのだが、このときの車窓が素晴らしい。天気が良い日であれば、大きな窓から神戸空港の全景とともに神戸中心部が見渡せるのだ。

 17時前に日が沈み、華麗なイルミネーションビューを愉しんだら、いよいよ今回の目玉である「神戸ルミナリエ」会場へ……といきたいところだが、その前にディナーを済ませておくことを強くおすすめしたい。
 
 これはあくまで当コンシェルジュ独自の現地リサーチによるのだが、「お腹が空いた状態で神戸ルミナリエに行くよりも、お腹いっぱいになってから、その余韻を含めてイルミネーションを楽しんだ方が女性は喜ぶ」という結果が出ているのだ(女性により個人差があります)。

 ディナーはもちろん、神戸牛に限る。少し早めの18時に予約を入れたのは、『神戸牛鉄板焼 神戸牛ステーキ ishida 三宮店』。神戸牛のみを扱うステーキ専門店だ。某有名日本人メジャーリーガーも訪れている名店である。ちなみに「神戸牛」とは、黒毛和牛の中でも上質な但馬(たじま)牛(それも3世代続いているもの)を指す。
 
 今宵は「限定ペアーコース」(2人で2万304円)を予約しておいた。鉄板前のカウンター席に座り、オードブル(とくにローストビーフが絶品)からスタート。その後スープ、サラダと続く。

 メインである神戸牛のサーロイン(2人で280グラム)が目の前に鎮座しているのだが、その横に並ぶ小さな白い塊が気になる。なんだろう? と思っていると、おもむろにシェフがその塊を焼き始めた。「フォアグラのソテーです」。そう、「限定ペアーコース」では、メインの前に至高の一品が提供されるのだ。

 今年で20回目を迎える神戸ルミナリエのテーマは「神戸 夢と光」。色とりどりの電球で装飾が施された光の芸術を眺めながら歩いていると、どこか異次元に迷い込んだ気になる。気づけば「大切な人」の手をぎゅっと握っていた。神戸牛とワインでテンションもMAXになっていたせいだろうか、彼女も手を握り返してきた。よし、神戸の旅は大成功だ!

 歩き疲れてホテルへ戻り、その足で最上階の『スカイラウンジ 港’s(コウズ)』へ向かった。さまざまな色に変化する観覧車や煌(きら)めくビル群、そして港を行き交う船の灯りを眺めながら、情熱の赤いカクテル『ポートタワーレッド』(2138円)で再び乾杯!

 神戸の夜は更けていく──。

■鳥海高太朗(とりうみ・こうたろう)/千葉県富津市生まれ。航空・旅行アナリスト、帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。文化放送「オトナカレッジ」に「トラベル学科」講師としてレギュラー出演中(毎週金曜日20時~)。著書に『That’s ANA マニュアル ANA 公式ガイドブック』『エアラインの攻防』など。1年間のフライト数は100以上。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
空港で手軽に買えて喜ばれる手土産 生七味、酒、ロールケーキ
BIGBANGのD-LITE 赤坂の神戸牛ラーメンでスタッフにおごる
被災地定点観測【3】水没後1か月で運行を再開した仙台空港

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。