ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イ・ビョンホン セクハラ猥談裁判2次公判は異例の非公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「50億ウォン(約5億3000万円)渡さなければ、猥談動画をばらまく」

 イ・ビョンホン(44才)が、モデルのイ・ジヨン(24才)とK-POPグループ『GLAM』のダヒ(20才)から、そう言って脅迫されたことに端を発する裁判。11月24日、韓国で2次公判が開かれ、ビョンホンは再び崖っ縁に追い込まれている。

「10月16日の初公判では、女性側の弁護人が、検察が起訴した恐喝・脅迫などの罪は認めるが、その動機や過程が事実と異なると一貫して主張しました。つまり7月に共通の知人の紹介で出会った後、ビョンホンがジヨンに数回にわたって性関係などを要求し、拒絶すると、“家を買ってあげる”などと持ちかけたというのです。

 ダヒは、大好きなジヨン姉さんがビョンホンにもてあそばれていると感じ、ふたりで犯行を企てたというのです」(韓国在住ジャーナリスト)

 昨年8月、イ・ミンジョン(32才)と結婚しているビョンホン。彼は彼女たちの主張を真っ向から否定した。ジヨンとダヒは「私たちは家に借金があって大変で、それを返すためにお金がほしい」と言って、猥談動画の話を持ち出したという。

“猥談”については、「初体験はいつ?」「男を見るとき、顔を見るか、それとも性的な魅力を見るか?」「男性のどこを見ると興奮するか?」などが明らかになっており、これに韓国国民は失望しているという。

 そんななか迎えた2次公判は異例の非公開。ビョンホン側が「名誉毀損などの被害を防ぐため」要請したという。そのビョンホンは、SPやマネジャーなど6~7人を同行して裁判所に姿を現した。約3時間30分にわたって行われた公判の中では、新たな証拠も提出された。

「ジヨン側は“(ビョンホンと)交際している仲だった”と改めて主張し、その証拠としてカカオトーク(スマホのコミュニケーションアプリ)のチャット内容を提示したんです。ビョンホン側は“冗談だった”“覚えていない”などと否定していますが、それを信じる人がどれだけいるか…」(前出・韓国在住ジャーナリスト)

 集まった報道陣から徹底して身を隠したビョンホン。公判直前は約20分間トイレに立てこもり、公判後はひと言こう言って立ち去った。

「ありのままを誠実に答えた」

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イ・ビョンホン自宅でBIGBANGのT.O.Pとキムチラーメン
イ・ビョンホンが“日本の父”に「来年結婚」宣言していた
イ・ビョンホン 肉体作りの秘密は1日20個のゆで卵

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。