ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大ヒット中!『インターステラー』に登場する話題のキャラ、”有機的機械”人工知能「TARS」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

既に5.4億ドルを突破し世界的大ヒット街道を驀進中の映画『インターステラー』。この作品の監督で、脚本も共同で手掛けたクリストファー・ノーランが本作に込めた思いを語る超貴重動画を独占入手した。

極力CGを使わない、常人では考えつかないストーリー展開、細部にまで張り巡らされた伏線などなど、並々ならぬこだわりぶりでも知られるノーラン監督だが、最新作『インターステラー』でもその職人気質を遺憾なく発揮。本作でブラックホールとワームホールの映像化を映画として初めて実現したことも話題となった。

そんなノーラン監督が『インターステラー』に込めた思いを語る映像を独占入手!映像の中で監督は、「宇宙旅行は人類にとって究極の挑戦だ。願いわくばこの作品が、人々の冒険心を再熱させるきっかけになればいい」と胸の内を明かしている。

【動画】http://youtu.be/IU-1esbkLM8

またノーラン監督いわく「ロボットではなく”Articulated Machine(有機的機械)”」という人工知能「TARS」の画像も届いた。主人公クーパーら探査チームをサポートするTARSは、『2001年宇宙の旅』に登場する”モノリス”のような見た目を持ち、クーパーらとのユーモアたっぷりなやり取りが観客を笑わせる。一度見たら忘れらないキャラだ。

世界中で軒並みオープニング第1位を獲得する本作は、日本でも初登場NO.1を記録する大ヒット。鑑賞者の満足度も非常に高く、「開始1時間で涙が止まらなかった」「号泣した」「ノーラン作品で初めて泣いた」「オールタイムベスト1に入る傑作だった」など、SNSなどネット上でも感動と絶賛の書き込みが殺到している状態だ。

『インターステラー』は全国大ヒット上映中

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

■参照リンク
『インターステラー』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

関連記事リンク(外部サイト)

NHK「BS契約のお知らせ」CMが「ホラーすぎて怖い」とネット上で話題に
フィッシングサイトが怖すぎる!恐るべき脅威から身を守る対策とは?
号泣議員から「しぇしぇしぇのしぇー」まで 「お騒がせな人カレンダー」今年はヤバすぎる
息子のムスコをアレしちゃう衝撃映画『メビウス』を作ったキム・ギドクを直撃
女子中高生の流行語「微レ存」がネットで話題に 「これ使っちゃダメなやつじゃね?」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP