ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

角松敏生、TOKYO FM「SOUND EXPRESS」で”レーザーターンテーブル”を特集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TOKYO FM「ODAKYU SOUND EXPRESS」では、12月13日・20日・27日の3週連続でエルプ(以下Eレコード)が開発した次世代型レコードプレーヤー「レーザーターンテーブル」を特集する。

番組では、レーザーターンテーブルをスタジオに持ち込み、デモンストレーションをしながら、レコードの音情報をありのままに再生するレーザーターンテーブルとCD音源を比較し、その音の違いについて検証していく。また、角松敏生の80年代にリリースされたアナログ盤による作品や今となっては、レコード盤でしか聞くことができない貴重なレア音源もレーザーターンテーブルで実際に再生し、マスターテープに近い形で真空パックされた、当時の音を解凍する実験も試みる。

レーザーターンテーブルの大きな特徴は、針ではなくレーザーでレコードの音を読み取るため、レコードを傷つけることなくレコードを再生することができること。また5本のレーザー光線で再生されるサウンドは、周波数特性が10Hzから25kHzまで-4dbのフラット再生が可能なため、カートリッジ、アーム等の各パーツ特性の影響を受ける針プレイヤーに比べて、レコード盤の溝に記録された音情報をより正確に読み取り、録音当時の音を、より忠実に再生することが可能。「奥行きのある音」「演奏者がまるで目の前にいるような臨場感」を感じられる、と言われている。さらに、針では再生困難なひび割れたレコード、反っているレコードも、レーザーターンテーブルなら再生させることができる。

そもそもこの企画は、角松敏生が以前購入したまま聴いていなかったホセ・チェピート・アリアス(サンタナのパーカッショニストとしても活躍したニカラグア出身のミュージシャン)のレコードを、最近聴きたいと思った時に、現在レコードを聴けるハードウェアを持っていないことに気づき、「いい音で聴きたい」と自身がインターネット検索して見つけ出してきたのがこのレーザーターンテーブルだった、というのが始まりだった。音にこだわり続けてきた彼は、80年代後半、すでに「レコードを針で傷つけることなく、光で音を読み取れたりしないものか…」と考えていたという。

そんな角松敏生の、デビュー当時のあの曲をCDとレコードのレーザーターンテーブルによる再生で聴き比べてみた。さらにビートルズのデビュー当時の貴重な初回盤レコード(「Please Please Me」通称【ゴールド・パーロフォン】)音源もオンエア。針で傷がつく恐れがないので、貴重な初回盤レコードでも快く借りられたとか。果たして、どんな違いが?当時のレコーディング状況を、角松敏生本人の解説を交えながら、レーザーターンテーブルの魅力に迫る。

3週に渡り、ゲストにレーザーターンテーブルの発売・開発元である、エルプ企画・営業部長の竹内孝幸氏を迎えた。レコード原音再生を実現するレーザーターンテーブルは、アーティストや録音技術・制作スタッフの熱意や想いまでをも再現。偶然にも角松敏生の大ファンであるという竹内氏と、アナログ・レコードへの愛あふれるマニアックなトークで大盛り上がり。そして、いつしか話題は音楽文化の将来へと広がったという。

放送内容
13日(土)「第1夜:レーザーターンテーブルの基礎知識と聴き比べ」
20日(土)「第2夜:アナログブーム再び!アナログ・レコードの音の魅力を感じよう」
27日(土)「第3夜:レーザーターンテーブルから見えてくる音楽文化とその将来」
番組情報
TOKYO FM「ODAKYU SOUND EXPRESS」
毎週土曜日 21:00~21:30 放送
出演者:角松敏生
メッセージ送付先:http://www.tfm.co.jp/message
提供:小田急グループ

関連リンク

角松敏生 オフィシャルPCサイトhttp://www.toshiki-kadomatsu.jp/
角松敏生 オフィシャルファンクラブhttp://bic-fc.jp/
角松敏生 オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/kadomatsu_info
角松敏生 アリオラジャパン・オフィシャルサイトhttp://www.kadomatsu.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP