体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一のフリースタイルフットボーラーには景色がこう見える! 徳田耕太郎×アクションカム ミニのスゴ技映像

動画
SONY_main

サッカーボールを使ったパフォーマンスでその技術を競い合うフリースタイルフットボール。その世界大会『Red Bull Street Style World Final 2012』で頂点に立ち、日本を代表するフリースタイルフットボーラーである徳田耕太郎選手をご存知でしょうか? 世界一となった後も、日本国内を中心に全国各地でパフォーマンス活動やレクチャー、クリニックなど精力的に実施。最近では、全身に甲冑(かっちゅう)をまとったサムライがサッカーの本場ブラジルで華麗なリフティングを披露するという日清のCM動画が話題となりました。

SONY_1

そんな彼は、ソニー アクションカム ミニ『HDR-AZ1』のスペシャルサイトで公開されているスピンオフムービーに出演中。超小型のビデオカメラレコーダーをキャップに取り付け、数々のスゴ技を披露しています。

SONY_2

徳田選手の目線を映し出した映像は、常にカメラの中心にボールをとらえて離しません。内側から外側から足をグルグル回して、ボールをまたぎまくります。“アラウンド・ザ・ワールド”というトリックですね。両足を巧みに使って、とにかくもうグルグルが止まりません。

SONY_3

そのほかにも、ジャンプしながら空中でボールを跨いだり、かかとを器用に使ったてボールを蹴り上げたり、素人からしたら「ボールがなくても、そんなステップは踏めないよ」という華麗な足技の数々を披露。

SONY_4

座りながらトリックをキメるのも決して簡単ではありません。それにしても、手ブレ補正機能が付いたアクションカム ミニを装着しているとはいえ、トップ選手はパフォーマンス中もほとんど頭がブレませんね。

SONY_5

動画の後半には、徳田選手の解説が付いたスペシャルレッスンも収録。難易度の高い3種類のテクニックを成功するためのアドバイスを教えてくれます。目線カメラの映像がスローモーションになる場面もあるため、早技を目で追えなかった人でも、このシーンを繰り返し見れば彼の超絶テクニックの凄さを認識できるはずです。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会