ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポニーキャニオンとハコスコが360度VR映像事業で提携、ベイビーレイズ武道館公演で実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポニーキャニオンとスマホVRサービスを手掛けるハコスコは、360度VR映像のコンテンツ及び商品化開発で業務提携し、360度VR映像事業を共同で進める事に合意した。

ハコスコとは、ダンボール製のVRビューワーとスマホを使って、手軽にVR(バーチャルリアリティ)体験ができるスマホVRサービス。組み立てたハコスコVRビューワーにスマホをセットし、VRコンテンツをスタートするだけで、誰でもどこでも簡単に没入感たっぷりのVR体験が楽しめる。

具体的な事業展開として、12月18日アイドルグループ・ベイビーレイズの東京・日本武道館公演にて、当日のライブ本番やリハーサル、楽屋などの模様を専用の全天周型カメラで撮影し、ライブ当日会場にベイビーレイズオリジナルデザインのハコスコ(税抜1,500円)を販売する。

同賞品を購入したユーザーはダウンロードしたスマートフォンをハコスコにセットして覗くことにより、アイドルのすぐ近くで見ているかのようなVR(バーチャルリアリティ)体験ができる。

また来年初頭には、別の所属アーティストでのハコスコ販売、映像サービスも予定しているとのこと。

関連リンク

ポニーキャニオンhttp://www.ponycanyon.co.jp/
ハコスコhttp://www.hacosco.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP