ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーの心得 「扉を開けた瞬間からバーテンダーに身を任せて」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気軽に入れるチェーン店の居酒屋と違って、どこか入りにくい雰囲気をもっているのが、バーだ。常連じゃないとダメなんじゃないか? マスターと会話をしなくてはならないんじゃないか? そう思う人も多いかもしれないが、実はそうでもないという。

「バーは、敷居が高いイメージがあるようですが、実は、自分の時間がゆっくり楽しめる、くつろぎの場所。女性のひとり飲みにはピッタリなんですよ」とは、バーテンダー歴14年の富田晶子さん(34才)。女性ならではのバーでの楽しみ方を聞いた。

「扉を開けた瞬間から、バーテンダーに身を任せてください。バーテンダーが、そのお客様にとって居心地の良い空間を作って“おもてなし”をしてくれます。誰かと話がしたい時、放っておいてほしい時、すべて見極めて対応してくれるはずです」

 酒の種類がわからないと、注文も緊張するものだが…。

「単に『甘いもの』『すっぱいもの』といった注文の仕方で充分。バーテンダーは、お客様のイメージでカクテルを作るので、『お任せ』も楽しいですよ」

 カクテルは、たとえ同じレシピでも、作り手によって味が変わる上、客に合わせて、分量を微調整するという。つまり、客の数だけカクテルがあるといっていい。そんな職人技が楽しめるのもバーの醍醐味だ。

「私がハマっているのが、フレッシュフルーツを使ったフルーツカクテル。以前、すごく落ち込んでいた時にフルーツカクテルをいただき、あまりのおいしさに悩みが吹き飛んだんです(笑い)。カクテル1杯で、気持ちが晴れ、人生まで変わることもあるんですよね」

 最近は、ノンアルコールカクテルも増えているという。

「ただし、凝ったカクテルには1杯1200円程するものも。1杯1杯を一期一会と思って、ゆっくりと贅沢な時間を楽しんでもらいたいですね」

 また、バーでの楽しみのひとつにフレアバーテンディングというショーがあることをご存じだろうか。バーテンダーがボトルやシェーカーなどを使った曲芸的なパフォーマンスを行い、カクテルを提供する。1980年代にトム・クルーズ主演の映画『カクテル』で話題になった。

「バーテンダーは、お客様を楽しませたい人たちばかり。カクテル作りもショーもそのひとつです。お姫様気分を味わいたい夜にはぜひ、扉を開けてみてください」

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バーで飲むウイスキー 最初はスコッチのシングルモルトが◎
【AKBカレンダー選抜2】エプロン姿で“いただきまゆゆ♪”
【AKBカレンダー選抜3】桜の花は別れの栞 さしこ卒業式

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP