ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武田鉄矢 そこにハンガーがあったからアクションに生かした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『3年B組金八先生』での坂本金八で先生役のイメージが強い武田鉄矢だが、原作も手がけた映画『刑事物語』シリーズも人気が高い。『刑事物語』で名物となったハンガーを使ったカンフーアクションが生まれた当時について語る武田の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 武田鉄矢が、転勤を繰り返す不器用な人情派刑事・片山を演じた映画『刑事物語』は全五作を数える人気シリーズとなった。

「俳優というのは、ある役が当たるとその反対側に行きたがるんですよ。これはもう、本能です。天使に請いながら、悪魔にも尋ねてみることで人間の表裏を描きたいというかね。

『金八先生』が巨大だから、みんないつも僕に先生を重ねてくる。ですから僕はそれを脱ぎ捨てた役をやりたかった。カッとなったら何回も殴るようなね。

 それで、体の関係込みの純愛ものがやりたくなったんです。片山という刑事は正義を貫いている。でも、女にモテないから、女とやれそうな状況になると抱きついてしまうんです。そうでありながら、どこかで懸命に愛を手探りしている。汚れた手で手探りをしているという。そういうドラマをやってみたかった。

 ですから、僕はどこまでもシリアスでした。でも、スタッフから『武田鉄矢だから、笑いも入れていこう』と言われ、そういう風になっていったんです。笑っているのに気付くと涙が出ている。この二つの感情が味わえると、お客さんも満足してくれると思うんですよね」

『刑事物語』は毎回の終盤で武田がハンガーをヌンチャク代わりにしたカンフーアクションを展開し、見せ場となった。

「『刑事物語』を思いついたのは、『金八』の第二シリーズを撮影している時でした。加藤優(直江喜一)が逮捕される時、僕は刑事に突き飛ばされて廊下に惨めに転ぶ。その時に、こんな役は嫌だと思ったんですよ。で、立ち回りをやりたくなりました。

 ある時、優の撮影が長くてロケバスの中で待機していたんですが、そこに衣装さんのハンガーがあった。それを回しているうちに『ハンガーで人をぶったたくと面白いだろうなあ』って、何気なく思ったんですよね。

 立ち回りも本気でやりました。殴ったり蹴られたりは当然で、使うとバレるから、防護するものを何も使わないでね。『武田さんも殴られてください。それから、痛みに慣れてください』とか言われながら、撮影所で毎日、蹴り合いをしていました。アクションシーンの撮影は最後の方に回して、僕がいつケガしても対応できるようにやりました。

 シリーズを経ても殴られ役の人たちは代えませんでした。僕の信念で、彼らと徹底して作っていったんです。それで彼らとコミュニケーションもとれるようになって、段々と早く動けるようになりました」

『刑事物語』のラストは毎回、片山が一人旅立つ映像に吉田拓郎の主題歌「唇をかみしめて」が流れて、感動を誘った。

「拓郎さんには好かれてなかったんですが、必死に頼みました。『どうしても、あなたの声が欲しいんです』と、ですから、出来あがって主題歌を聞いた時はまさに男の本懐でした。

 それで、第一作目のラストの別れのシーンで、スタッフが現場にあの歌をかけたんです。もう気持ち良くてね。それが伝統になって、ラストシーンを撮影する時は、いつもあの歌を現場に流すことになりました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)ほか。最新刊『時代劇ベスト100』(光文社新書)も発売中。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『少女に何が起ったか』『101回目』他 あまちゃんの小ネタ
武田久美子 自分撮りで目が大きく顎が小さく見える方法伝授
“美のカリスマ”武田久美子 美しすぎる43才の肢体を独占撮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP