ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊藤銀次、自身のネットラジオで大滝詠一の初ベスト「Best Always」を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1976年、大滝詠一、山下達郎とともに「ナイアガラ・トライアングル」に参加し、アルバム「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」を発売した伊藤銀次。以来、大滝詠一を師と仰ぐ伊藤が、ソニー・ミュージックダイレクトのオフィシャルサイトOTONANO内で配信中のネットラジオ番組”伊藤銀次の「POP FILE RETURNS」”で「大滝詠一 Best Always特集」を2回に渡って配信する。 

昨年12月30日に大滝詠一が他界してもうすぐ1年、12月3日には大滝初のベストアルバムとなる「Best Always」が発売されたばかり。番組ではゲストに「Best Always」の曲目解説を担当し、大滝とも親交の深かった音楽評論家の能地祐子を迎え、大滝の思い出を振り返る。

伊藤が「NIAGARA TRIANGLE Vol.1」に収録された自身の曲「幸せにさよなら」やCMソング「Cider ’74」のレコーディング秘話、当時の福生のスタジオでの様子などを紹介すれば、能地は、大滝が山下達郎を誘ってカラオケに行った時の貴重なエピソードや、実は飛行機嫌いだったことを明かすなど、大滝の人柄も交えて二人でたっぷり語り合う。配信開始は前編が本日12月5日から、後編が12月12日から。

番組情報
伊藤銀次の「POP FILE RETURNS」
前編 12月5日配信開始
後編 12月12日配信開始
毎週更新され1話は4週間無料にて聴取可能。
http://www.110107.com/popfilereturns

関連リンク

大滝詠一オフィシャルHPhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/EiichiOhtaki/
「Best Always」特設サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/BestAlways/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP