ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゾンビ対策に食べる!? 「グリーンハーブ回復カレー」誕生秘話を聞いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 食べるとゾンビ対策になるというレトルトカレー「グリーンハーブ回復カレー」がネット上で話題だ。

 グリーンハーブ回復カレーは、ギークなアイテムを展開するGEEK LIFEを手がける株式会社ノーツの「ゾンビ対策カレー CURRY OF THE DEAD」シリーズと大人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』のコラボによるもの。

 ゲーム内に登場する回復アイテム「グリーンハーブ」のフレッシュな風味とココナッツミルクのコク、鶏肉の旨味、ピリッとした辛さがクセになる絶品グリーンカレーだ。具材のひよこ豆はグロテスクさを表現している。価格は540円(税込み)。

 Twitter上では「食べたいw」「高いけど生き残るために買うしかない」「緊急時にカレー食ってらんねぇwww」などの声が多数寄せられている。

 本商品はどのようにして誕生したのか。株式会社ノーツの大場直樹さんに話を聞いてみた。

 「もともと版権元のカプコンさんとは今夏発売された『ダルシムさん家のカレー』でお付き合いがありました。その際に弊社のレトルトカレー第一弾となる『ゾンビ対策カレー CURRY OF THE DEAD』を気に入っていただき、同社の大人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』とのコラボレーションのお誘いをいただいたのです」と経緯を語る。

 開発時には「味の美味しさはもちろんですが、見た目のグロテスクさを出すためにほうれん草やバジルペーストで色味にこだわりました」とのこと。

 さらに、ネット上で話題を集めたことに対しては「たくさんの感想をいただいて大変うれしく思っています。『バイオハザード』のファンの多さを改めて感じました」と驚きを語る。

 最後に「ゲームをプレイしながら食べていただけるとうれしいですね。今後もキャラクターと食品のコラボレーションものを展開していきたいです」と語ってくれた。次に登場する新商品も楽しみだ。

■関連リンク
大胆すぎるけど美味しそうな菓子パン
「極道芸人」の編み物展に潜入取材
母を亡くした実体験Web漫画が書籍化

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP