ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Japan、SIMロックフリーの「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」を12月12日に同時発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei Japan は 12 月 4 日、Android スマートフォン「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」を 12 月 12 日に国内で発売すると発表しました。これまで未発表だった国内での端末価格は、Ascend Mate7 が 49,800 円、Ascend G620S が 21,800 円です。私の感覚からすると、それぞれ同レベルの他社製品に比べて 20% ほど割安という印象を受けます。Ascend Mate7 は、6 インチ 1,980 × 1,080 ピクセルの IPS-NEO 液晶ディスプレイや Hisilicon のオクタコアプロセッサ「Kirin 925」を搭載した同社のグローバルフラッグシップスマートフォン。フルメタルボディの筐体や背面をタッチするだけで指紋認証を実行できる指紋リーダー、下り最大 300Mbps の LTE Category 6(LTE-Advanced)などに対応しています。Ascend G620S もグローバルモデルで、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Snapdrasgon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサなどを搭載しています。内容的にはミッドレンジクラスです。Source : Huawei Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC未発表 “Hima”のスペック情報が伝えられる、次期フラッグシップスマートフォン?
Twonky BeamがAndroid 5.0端末でのブラウジングに対応、再生は近日対応予定
米Verizon、PCSバンドをCDMA2000からLTEに切り替え中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP