ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト 向かうところ敵ナシ!全米シングル・チャート3週目のNo.1をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アルバム『1989』が首位に返り咲いたテイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」が、3週目のNo.1をマークした、12月13日付HOT100チャート。

 先週、ワン・ダイレクションの4thアルバム『フォー』の登場により、首位の座を譲り渡したテイラーだが、今週再びNo.1に返り咲き、この「ブランク・スペース」と共にシングル・アルバムチャートの2冠に輝いた。

 今週から、アルバムチャートの集計方法にストリーミング回数や、アルバム中の単曲のダウンロード数も追加されることになったため、この「ブランク・スペース」の視聴回数、デジタルセールスも、大きくアルバムの週間ポイントに貢献した。また、1stシングルの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」も、先週の5位から4位に浮上し、TOP5内には2曲、連続の首位獲得と、シングルチャート、アルバムチャート共に、もはや向かうところ敵ナシ状態の、テイラー・スウィフト。アメリカだけに留まらず、全世界で大ヒットを記録している。

 今週、TOP10入りを果たしたのは、先週の20位から6位へとジャンプアップした、セレーナ・ゴメス。この「ザ・ハート・ウォンツ・ワット・イット・ウォンツ」は、11月6日にPVが解禁されると共に急上昇し、すでに視聴回数は6000万回を突破。また、今年最も稼いだ20代のセレブとして殿堂入りを果たした、元恋人のジャスティン・ビーバーについて歌っているのでは!?と話題を呼んでいて、自身もそれについて認めているとのこと。ということは、ジャスティンとの復縁もありえるのかも…?一気にポイントをのばしたのは、この曲が収録されたアルバム『フォー・ユー』のプロモーション効果によるもの。11月24日にリリースされ、今週のアルバムチャートで、24位にデビューした。

 続いて、こちらも18位から8位へ、一気にTOP10入りしたのが、イギリス出身のシンガーソングライター、マーク・ロンソンが、ブルーノ・マーズをゲストに迎えた新曲「アップタウン・ファンク」。来年の1月末にリリース予定の4thアルバム『アップタウン・スペシャル』からの先行シングルで、アメリカでのTOP10入りはこれが始めて。オーストラリアやイスラエル(2位)、フランス(3位)などでもTOP10入りを果たしていて、ベルギーでは初のNo,1獲得となった。

 ホーンやチョッパーベースなど、70’sテイスト満載なサウンドとディスコ調のダンスが印象的なPVが、ブルーノ・マーズらしいナンバーに仕上がっていて、ニューヨークのクラブシーンで自分が感じた雰囲気や感情を表現したとのこと。その人気や評価も高く、次のNo.1獲得はこの曲!!との予想もされている。

関連記事リンク(外部サイト)

12月13日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
ロード、親友テイラー・スウィフトとの悪ふざけエピソードを披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP