ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストリーミング&デジタル・セールス単体が加わった全米アルバム・チャート初の1位に輝いたのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週から、アルバムの集計方法にストリーミング・サービスのデータが加わり、アップデート後初となるチャートが発表された。その、第1回目となる12月13日付の首位は、テイラー・スウィフトの『1989』。

 2003年に、これまでのパッケージ実売に加え、iTunesのデジタル・セールスをチャート売上げに追加することになったが、今回は、音楽を聴く上で最も利用されている、YouTubeなどのストリーミング回数を、HOT100チャートと同様に追加することになった。1500回の再生回数を、アルバム1枚の実売同様の売上げとして換算したもので、No.1に返り咲いたテイラー・スウィフトの『1989』は、実売は28万枚だが、ストリーミング・ポイントの追加により、累計枚数は34万枚となっている。

 また、ストリーミング回数のポイントに加え、デジタル・セールス単体もアルバムのポイントとして追加されることになった。フルアルバムのダウンロードではなく、たとえばこの『1989』から大ヒットを記録している、「ブランク・スペース」や「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」などのダウンロードを含め、10曲でアルバム1枚の実売として換算される。つまり、単曲がヒットすれば、それでアルバムの実売にも繋がるというもの。まさに、現代の音楽ルーツを反映させたものに改変したといったところで、このチャートの集計方法により、アリアナ・グランデの『マイ・エヴリシング』は、先週の39位から7位へ、マルーン5の『V』は32位から10位へと、一気にジャンプアップした。

 3位から2位に上昇した、ペンタトニックスのクリスマス・アルバム『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』は、ギフト用にプレゼントされていることが多いことから、週間セールス22万枚は、ストリーミング回数や単曲でのポイントは、ほぼ追加されていない。こういったアルバム単体で勝負するアーティストもいれば、この集計方法によって順位を伸ばすアーティストもいる。若層に支持されているアーティストによっては有利だが、ダウンロードやストリーミング・サービスを利用しないユーザーがターゲットのアーティストによっては、不利なチャートになったとも言える。

 8位に登場したのは、ビヨンセの『オーディオ・オンリー・エディション』。昨年末、予告なしに急遽iTunesから発表された5thアルバム『ビヨンセ』の、オーディオのみを収録したリパッケージ盤で、新たに新曲「7/11」や「リング・オフ」などを収録したプラチナ・エディションとしてリリースされた。この「7/11」が、今週のHOT100チャートで18位にデビューし、夫であるジェイ・Zや娘のブルー・アイヴィーも出演したビデオが話題を呼んでいる。

関連記事リンク(外部サイト)

12月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月13日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
ロード、親友テイラー・スウィフトとの悪ふざけエピソードを披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP