ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』 『レ・ミゼラブル』の若き革命家が“車椅子の天才科学者”役に!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


英国の世界的な物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻ジェーンとの純愛を描いた『博士と彼女のセオリー』(原題:『The Theory of Everything』)が、2015年3月に日本公開となります。

理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、ニュートンやアインシュタインと並ぶ天才と称されるスティーヴン・ホーキング博士は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)のハンデを負いながら最先端の研究を精力的に行う“車椅子の天才科学者”として知られています。ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity:My Life with Stephen』の映画化である本作は、現代宇宙論に多大なる影響を与えたホーキング博士の数々の功績……ではなく、あまり知られることのなかった、ひとりの勇気ある女性との実話にスポットを当てたヒューマン・ラブストーリー。

学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたホーキング博士は、ケンブリッジ大学の大学院生時代に、詩を学ぶジェーンと出会い恋へと発展。しかしその直後に難病ALSを発症した彼は、余命2年の宣告を受けてしまいます。出会いから、恋愛、結婚、出産と、歳月を重ねるごとに増す試練に立ち向かう2人ですが、時には壁に突き当たり、自身の無力さに打ちひしがれることも。刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、持ち前のユーモアで乗り越えていく姿、そして彼らの苦悩と純愛が感動的に描かれます。

徐々に筋肉が衰えて体の自由が奪われていくという難役・ホーキング博士を演じたのは、『レ・ミゼラブル』で自由主義者の青年マリウスを演じたエディ・レッドメイン。また、ホーキング博士を献身的に支える妻ジェーン役には、『アメイジング・スパイダーマン2』でブラックキャット(に今後なるはずの女性)を演じた人気上昇中の英女優フェリシティ・ジョーンズ

監督は、ビルの谷間を綱渡りする大道芸人にスポットを当てた『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。ホーキング夫妻の人生の節々に、ブラックホールや時間といったホーキング博士の研究テーマをシンクロさせた演出が、作品をより味わい深いものにしています。

先日、アカデミー賞の前哨(しょう)戦とされるサテライト賞において、作品賞・主演男優賞(エディ・レッドメイン)・主演女優賞(フェリシティ・ジョーンズ)・脚色賞・撮影賞の5部門にノミネートされている本作。特に、エディ・レッドメインはアカデミー主演男優賞最有力候補との呼び声も高く、今後よりいっそう注目の俳優となるでしょう。

(c)UNIVERSAL PICTURES 

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。