ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カッパ見たさに兵庫の公園に来訪者多数 怖くて泣き出す子も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブクブクと池の水面にあがる気泡。やがて姿を現わしたのは、尻子玉を手にした赤いカッパである。このカッパ見たさに、兵庫県・福崎町にある辻川山公園には週末ともなると数百人が訪れ、人だかりができる。

 カッパは、現われたかと思うと5秒ほどで水面下に隠れてしまうが、「怖い~」と子供が泣き出すほど、恐ろしい容姿のインパクトは十分。

 実は同町は、カッパの伝承を収集した民俗学者・柳田國男の出身地。カッパの正体は、町が柳田の自叙伝『故郷七十年』に登場するカッパをモチーフに、300万円かけて作った機械式のものだ。「怖い方が話題になる」と職員自ら造形を手がけて、狙い通りの“客寄せカッパ”となった。

 機械式カッパは、9時から18時の間に30分おきに出没するが、池のほとりにはもう1匹、皿の水がなくなって動けなくなったカッパも待ち構える。

撮影■WEST

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
浜松で話題 屋根や壁がグニャリと歪んだ「魔女の館」風建物
河童等のスクープ連発の東スポ スクープ連発できる理由判明
亀の頭をさすってから宝くじを買うと高額当選すると話題に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP