体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Webサービス「KitchHike」が運ぶ、世界の食卓で味わう幸せ

027

左から浅利泰河さん、山本雅也さんと藤崎祥見さん

旅を通して新しい港を探す、TRiPORTライターのLetiです。

あなたは誰かのために料理を作ったことがありますか? うまくできなくて落ち込んでも、「これ、めっちゃ美味しい!」と言ってもらった瞬間に思わず嬉しくなるでしょう。あるいは、誰かがあなたのために心を込めて作ってくれた料理なら、食べるだけで元気になれそうです。誰かと一緒に食卓を囲って食べる、たったそれだけのことが幸せを運んでくれます。

浅利泰河さん、山本雅也さんと藤崎祥見さんは、旅を通してこのような幸せに出会いました。そして、同じ食卓を囲むだけで国境を超えて、人と人はつながるのでは、と気づきました。

今日は世界のキッチンにから幸せを提供するサービスKitchHikeのコアメンバー3人に話を伺いました。

なぜ世界のキッチンを回るのか?

── まず、KitchHikeが誕生した、いきさつを伺いたいです。なぜこのようなサービスを作ろうと思いましたか? 宿泊場所を提供するCouchsurfingAirbnbが既にある中で、なぜ「食卓」に注目したのでしょうか?

藤崎: もともと皆旅行が好きで、海外で現地の文化を楽しむことに興味があったんです。世界遺産を回るよりは、旅先の人と仲良くなったり、文化を知ることに興味があったんです。

例えば浅利はインドでリキシャのドライバーに「どこ行く?」と聞かれたら「おまえの家につれて行け」と無茶ブリをして、その家でご飯を食べたりしていました。振り返ってみると、観光名所を回ったことよりも、人と出会って、人の家でご飯を食べたことが旅のハイライトだったんです。

現地の人と仲良くなることは、皆にとっても楽しいんじゃないかと思って、より簡単に交流できるようにKitchHikeを作りはじめました。

015

── 山本さんはKitchHikeのブログの中では「KitchHikeに辿り着くきっかけになった4つの出来事」について語っていますが、もう一度そのきっかけになった出来事について話していただけませんか?

山本:「旅先の現地の人の家で、一緒にごはんを食べることは、旅のスタンダードになる」と僕らは思っています。そもそも、どうやったら人はもっとつながれるのかをよく話していたんですね。僕は内田樹さんの文章が好きで、その中に『個食の幸せ』というエントリーがあり、「人が共同体を立ち上げるときに、必ず車座になってご飯を一緒に食べるという習慣がある」ということを言ってるんです。この習慣をもたない民族や人種はひとつもない、と。つまり、人間は仲良くなるのに必ずご飯を一緒に食べるプロセスがあるということが書かれていました。

それを読んで、「じゃあ、人とつながるには、一緒に家でご飯を食べればいいのか。」というシンプルな答えに辿り着いて、家で一緒にご飯を食べる場を僕らが提供すれば、世界中の人がどんどんつながるんじゃないかというのがきっかけの1つです。

007
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。