ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J2プレーオフV&天皇杯Vに王手!! モンテディオ山形の地元は温泉遭遇率日本一?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
J2プレーオフV&天皇杯Vに王手!!  モンテディオ山形の地元は温泉遭遇率日本一?

 サッカーJ2・モンテディオ山形が快進撃を続けています。今期、山形はJ1昇格プレーオフ出場圏内の6位でリーグを終戦しプレーオフへ進出。現在、開催中のプレーオフ準決勝では、後半アディショナルタイムにGK山岸範宏選手がヘディングでゴールを決め、決勝進出を果たすなど、あまりに劇的な展開が話題となりました。

 7日のプレーオフ決勝はジェフユナイテッド千葉との対戦。この試合の勝者がJ1昇格となります。ちなみに山形は、先日行われた天皇杯の準決勝でも千葉と対戦しており、その時は3-2の勝利を収めています。

 また、その天皇杯でも山形はJ2ながら決勝戦に駒を進めています。13日に行われる決勝の相手はナビスコ杯覇者であり、今期J1優勝に最も近い位置にいるガンバ大阪。12月のこの時期に大事な2試合に挑むとは、山形ファンでもなかなか想像できなかったのではないでしょうか。

 そんな山形県の魅力を見てみようと書籍『d design travel YAMAGATA』を開いてみました。『d design travel』はデザイン目線を持った全国各地の観光ガイドブック。最新号の本誌には、山形の情報が満載です。

 例えば山形の基礎データ。同書では、さくらんぼ収穫量は13500tで、全国平均の385tと比較して圧倒的な収穫量だということや、1年間の観光者数は約113万人(全国平均約27万人)であることを紹介。また、スターバックスコーヒーの店舗数は4(全国平均22)、美術館などの数は87(全国平均87)、グッドデザイン賞を受賞した製品等に表示することができるGマークの、山形県内での歴代受賞数は65(全国平均860)といったマニアックなデータまで掲載されています。

 正直、さくらんぼ収穫量以外は、さみしい数字が並びますが、山形には数字で語り尽くせない魅力がたくさんあります。

 同書ではそんな山形の魅力をこう伝えています。

「温泉の首位打者」

 温泉を野球に喩えてみると、日本一数が多い最多安打は長野県ですが、温泉に出会う率が高いのが山形県だというのです。

「何しろ、全市町村に温泉があり、市街地でも、どんなに山奥でも、必ず温泉が湧いていて、安く利用できる共同温泉もいっぱいあって、毎日が温泉三昧──極楽、極楽。蔵王の大露天風呂や尾花沢市の銀山温泉は、風光明媚ですが、福島県境の山道をずっと上っていく滑川温泉や姥湯温泉は、超ワイルド」(同誌より)

 温泉の他にも、河川敷ではバーベキューではなく芋煮を楽しむ習慣があったり、山に入ると山伏に遭遇することもあるという魅惑の土地・山形。もしモンテディオ山形がプレーオフを勝ち抜きJ1に進出、さらに天皇杯を制したら……山形フィーバーとなるかもしれません。モンテディオ山形の戦いっぷりが、今から楽しみです。

■関連記事

純福岡産ドラマ『めんたいぴりり』が世界進出した理由とは?
地方で生きていくには、よりコミュニケーション能力が必要?
「神奈川は東京の●●」「滋賀はほぼ●●●」 あなたの地元をざっくり言うとナニ?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。