ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚して海外に挑む横峯さくらに「俺も妻も賛成」とパパ告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 横峯さくら(28)が、米女子ツアーへの参戦権を争う最終予選会(12月3日~)出場のため、11月27日に渡米した。

 日本での最終戦となった『大王製紙エリエールレディス』(11月20~23日)で結婚後初となる念願の優勝を果たし、生涯獲得賞金10億円を突破。大きな区切りをつけての挑戦に、強い決意を感じさせる。

 米ツアー参戦に驚いたのは横峯を長く取材してきたゴルフ記者たち。なぜなら横峯は「女子ゴルフ界きっての海外嫌い」といわれてきたからだ。“さくらパパ”こと横峯良郎氏さえも驚いた一人だ。

「さくらが“米国に行く”と言い出すとは思ってもいなかった。結婚すれば次は子供だと思っていたのに(笑い)。

 さくらは本当に海外が嫌いだったからね。これまでは1人で行くのは嫌だといって、家内が鍋と釜を持って同行していたんだから。

 だから今回も、付いて行こうかと聞いた。そうしたら“今回は夫婦だけで頑張りたい。食事も自分たちで何とかする”という。亭主ができて変わったなァ」

 横峯は今年4月22日に入籍。相手はメンタルトレーナーの森川陽太郎氏(33)で、今年の12月20日に結婚式を挙げる予定だ。

 海外挑戦は森川氏に強く勧められたからだといわれるが、良郎氏は「理由はもう1つある」と語る。

「俺がさくらを日本に引き留めていたような面もあるんです。あの子がプレーしたこの10年間、(宮里)藍ちゃんをはじめ、日本のトッププロが次々と米女子ツアーに参戦していった。そのためゴルフ関係者から、“さくらちゃんまで行ってしまったら、日本のツアーはどうなってしまうんだ”といわれていた。だから俺が“日本のツアーはお前が守らないといけない”と話していたんです。

 その結果、ほとんど予選落ちもせずに10億円も稼ぎ出した。本当によく頑張ったと思いますよ。そんなさくらが海外に挑戦してみたいという。いわれてみれば最近は球筋を研究したり、ティの高さを変えるなど、細かい調整をしていた。海外のタフなコースを想定して練習していたんじゃないかな。

 昔は俺にいわれたことしかやらなかったあの子が変わったよね。若い選手も台頭してきたし、俺も家内も賛成していますよ」

 横峯は現在世界ランク44位で、日本人では最上位(次点が46位の大山志保。宮里藍は97位)。

「行くからには1、2勝はしてもらいたいね」

 ついに“娘離れ”を迎える良郎氏は寂しそうに笑う。米国の地で満開の桜を咲かせてほしい。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
横峯さくらの月給は10万円 金銭スキャンダルをさくらパパ否定
横峯さくら「30歳で引退」発言に「冬の時代に…」と関係者危惧
横峯さくらと練習に励む美人ゴルファー 来季シード権は濃厚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP