ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「松たか子は妊娠で稼ぎ時を逃した」 関係者コメントに大批判「世界よ、これが少子化大国日本だ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年、大ヒット映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」を歌い、紅白出場も期待されていた女優の松たか子さん(37)が11月下旬、第1子の妊娠を発表した。ネットには、ファンを中心に祝福の声が挙がっている。

そんな中、松さんが妊娠によって「稼ぎ時を逃した」とする関係者のコメントが週刊誌に掲載され、批判が殺到している。これでは「誰も子どもを産む気にならない」というわけだ。
放送関係者にとって「大きな損失」だったのか?

物議を醸しているのは「週刊ポスト」12月12日号に掲載された「松たか子妊娠『最大の稼ぎ時に大きな損失』と関係者肩落とす」という記事。活躍した1年の最後に妊娠を発表するのは「本人にとっては最高の気分かもしれない」としながら、

「今こそ松さんは国民的スターになれる存在なのに、これでしばらくはハードな仕事は無理。我々としても大きな損失だし、本人も人生最大の稼ぎ時を逃すことになるのではないか」

という「放送関係者」だという人物のコメントを紹介した。

映画が大ヒットして周囲は商機を期待していたのに、本人が妊娠して仕事ができなくなって残念、ということのようだ。この記事が12月3日にビッグローブニュースに掲載されると、ツイッターを中心に批判の書き込みが殺到した。

「金儲けしか頭にないのかよ。ゲスすぎる。自分らの利益ばっか」
「すさまじく下品だな。人を金儲けの道具としか思っていない」
「本日のマスコミによるハラスメント事案」

確かに特番が多数組まれる年末年始は、その年に活躍した芸能人の稼ぎ時。しかし松さんにも、仕事に優先する自分の人生やプライベートな生活がある。

かつて35歳以上の出産を「高齢出産」と呼ぶところもあったというが、37歳という年齢を考えても、今がダメならいつがいいということになる。ある放送関係者も「これが放送界のスタンダードだと思われたら心外」とツイートした。
「メディアは男性目線でガラパゴス」と呆れる声も

今回の記事は松さんだけの問題ではない、という見方も多い。何よりも仕事を最優先し、本人の事情を重視せず、妊娠を何らかの損失と捉えるような世の中では、「誰も子どもを産む気にならない」というのだ。

「子供が生まれてくることが損失!? まさにこの国の病の片鱗だなぁ…」
「世界よ、これが少子化大国日本だ」
「子供を持つことに夢が持てなくなって当然だわ」

と、日本社会全体の問題として嘆く人もいる。ブラック企業アナリストの新田龍さんは12月4日のFacebookで、「こんなマタハラ記事、日本じゃなかったら訴訟モノだわ」と激怒。

「こういう記事が当たり前に世に出てしまう社会だから、出生率も女性管理職比率も上がらないし、イクメンも定着しないんだよ」
「『育児しながら働くハードルは高いんだよ~』と自ら示してるようなもんだ」

と呆れている。

この投稿には360件の「いいね!」がつき、大学教員の男性からは「メディアの視点はかなりの男社会で、男社会にとってのメリットデメリットしか語られない。ホント、ガラパゴスだと思う」というコメントも寄せられていた。

あわせて読みたい:リクナビが「エントリー煽り」釈明
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP