ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冨田ラボ、前例の無い「作編曲SHOW」にて新作レコーディング開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自身初の音楽書で、ドナルド・フェイゲンの名盤「The Nightfly」の音楽批評と分析書「ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法」が各方面で大好評の冨田ラボ。5枚目のオリジナル・アルバム制作初日を、去る12月2日 Billbord Live TokyoにてLIVE形式で行った。

このライブステージは、楽曲を演奏するという通常のLIVEとは違い、1つの楽曲が出来て行く様を披露する「作編曲SHOW」であった。70~90分×2ステージという、予め限られた時間の中で創作を一から行い、その様をオーディエンスが見守るという、画期的且つ実験的なLIVEパフォーマンスであり、冨田の音楽の出来る行程を見せる事で、日常とは違う音楽との接触を提示しようとした初の試みでもあった。

ステージ上は冨田の自宅スタジオを想像させるようにPC、ピアノ、キーボード、ギター、ベース、等の録音機材が冨田を囲み、ステージ上のモニターには音楽制作ソフトの画面が映し出されている。ステージに上がった、冨田はリハーサルで創作した、音源を観客に披露し、限られた時間での完成形として提示し説明。そして、0から楽曲の制作に取りかかっていった。会場は、未体験の場面に遭遇し、何が起こって行くのか解らない期待感に溢れていた。

まずは、ピアノに向かいフリーに演奏を始める冨田。主たるメロディが生まれ、その後、サンプリング、ピアノ、ギター、ベース、キーボード、ボーカル…と、自身の頭の中で鳴ったであろうフレーズを次々と披露し、メロディと組み合わせて行く。楽曲全体の中の断片が作り上げられて行く中で、観客は、楽曲全体の構成をもイメージさせられていった。

途中、機材トラブルでPCがフリーズするなど、実際のレコーディング作業さながら、もしくは限られた時間であるだけに、一層の緊張感に包まれていた。観客は、冨田の発想力、頭の中で鳴っている音やアンサンブルが、小節の順を追って楽器のパーツ毎に、実際に目の前で音像となって現れ、またその音が構築され、組み合わさり、楽曲に仕上がって行く事を容易に想像させられ、いくつものフレーズや音色を聞き分けながら、自分自身が冨田になって楽曲を作っているような疑似体験が出来たに違いない。

次作5枚目のオリジナルアルバムのレコーディング初日を、この様な挑戦的な企画でスタートさせた冨田ラボ。どのような形となって来たる最新作に収録されるのか楽しみだ。

関連リンク

冨田ラボ オフィシャルサイト:http://www.tomitalab.com/
冨田ラボ Twitter:http://twitter.com/tomitakeiichi
冨田ラボ Facebook:http://www.facebook.com/TomitaLabOfficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP