ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

身の回りの空気清浄度を教えてくれるウェアラブルガジェット「TZOA」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
TZOA2

都市部を中心に大気汚染が問題化して久しいが、できるだけきれいな空気を吸いたいというのは皆に共通する思いだろう。

だが、空気というのは目に見えない。においがある場合はともかく、自分がいま吸っている空気がどれだけ汚染されているか、あるいはきれいかはわかりにくい。

そこで、カナダのスタートアップが、そうした大気の汚染度を測るウェアラブルのガジェット「TZOA」を開発した。現在、資金調達サイトで資金を募っている。

◼自動アラーム送信

センサーを内蔵するTZOAはクリップで衣服やバッグなどに取り付けられるようになっている。そして観測したデータは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリ(iOS、Android)にリアルタイム表示され、危険なレベルであれば「窓をあけよう」などとメッセージを送ってくれる。

TZOAで観測できるのは

PM 5、PM 10などの有害物質
紫外線
温度/湿度
明るさ

もし、自転車などに乗っていてスマホを操作するのが難しいときは、TZOAそのものをタップすれば、あらかじめ決めた色で空気の清浄度を確認することができる。

TZOA3

◼ユーザー同士でデータシェア

TZOAでは観測データを役立てる機能が充実している。空気が一定レベル以上に汚染されていたり、紫外線が強かったりするときにアラームが出るようカスタマイズが可能だ。

また、他のユーザーと観測データをシェアする機能もあるので、マップでどこの空気がきれいかをチェックしてから通勤ルートを決める、なんてこともできる。

空気の質を分析する機器には大型で高額なものが多いが、TZOAはKickstarterで今なら135カナダドルの出資で入手できる。キャンペーンは今月18日まで。

TZOA/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。