ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFPI、レコード会社がA&Rとマーケティングに費やす金額を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

レコード会社がA&Rとマーケティングに費やす金額は年間43億ドル、過去5年で200億ドル以上に。業界団体が調査

世界の音楽業界を代表する団体「IFPI」(国際レコード産業連盟) がまとめた音楽業界の投資に関するレポート「Investing in Music」によると、レコード会社がA&Rとマーケティングに使った費用は、年間43億ドルであるとレポートはまとめています。また過去5年間でのA&Rおよびマーケティング・コストは合計200億ドル以上に上ると説明します。

2013年度レコード会社のA&R/マーケティングの実態
A&R:25億ドル
マーケティング:18億ドル
売上に対するA&R比率:15.6%
売上に対するマーケティング比率:11.4%
A&R+マーケティング:43億ドル
売上に対するA&R+マーケティング比率:27.0%
総売上(2013年度):161億ドル

レポートによれば、多くのレコード会社は売上の27%をA&Rとマーケティングに費やしており、2011年の26%からアーティストへの投資はさらに拡大しています。

アーティスト7,500組以上が現在メジャーレコード会社 (ユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージック)と契約を結んでいる一方、数万組のアーティストがインディペンデントなレコード会社と契約を結んでいます。新人発掘の領域では、レコード会社と契約を結ぶアーティストの5組に1組は新人アーティストです。

レコード会社は国際的なアーティストに投資する一方で、ローカルのアーティストへの投資を重要視しています。世界12カ国の音楽市場大手市場を見ると、市場におけるアルバム売上トップ10の平均70%をローカル・アーティストが占めています。

各国におけるローカルアーティストへの投資の実態(2013年度年間アルバム売上げトップ10におけるローカルアーティストの比率)
日本:100%
イタリア、スウェーデン、米国、ブラジル:90%
スペイン:86%
オランダ:80%
デンマーク:78%
フランス:75%
英国:71%
ドイツ:70%
ノルウェー:56%

IFPIのCEO、フランシス・ムーア (Frances Moore)は

「Investing in Musicレポートは、メジャーレーベルやインディーズレーベルが毎年数億ドル規模をアーティストに投資している事実を浮き彫りにしています。この目覚ましい本質が、音楽業界をあるべき姿です。」

とコメントしています。

その他にも興味深い調査結果が明らかになっています。

全ての市場で同様の回答にはなりませんがレポートでは新人アーティストを育てる平均コストを分析しています。メインストリームな市場で新人アーティストをブレイクさせるためのコストは、平均50万ドル〜200万ドルという数値をレポートは示しています。内訳は、アドバンスが5万ドル〜35万ドル、レコーディングが平均15万ドル〜50万ドル、音楽PV制作が5万ドル〜30万ドル、ツアーサポートが5万ドルから15万ドル、マーケティングおよびプロモーション費用が20万ドル〜70万ドルと最も多く費用がかかるとしています。

音楽業界の情報を取り扱う専門団体Unsigned Guide in the UKの調査によれば、70%の無所属のアーティストはレコード契約が欲しいと答えています。回答者は、契約を求める理由にマーケティングおよびプロモーションのサポートが76%、ツアーのサポートが58%、経済的サポートが45%という回答になっています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/12/10067.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP