ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忘れらんねえよ新曲「ばかもののすべて」発売決定、今夜SOL!で初OA

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忘れらんねえよが最新シングル「ばかもののすべて」を2015年2月4日に発売することが決定、今夜12月4日(木)の「SCHOOL OF LOCK!」で初オンエアされることがあきらかになった。

今作で5枚目となる忘れらんねえよのシングル。これまでの4枚「CからはじまるABC」「僕らチェンジザワールド」「この高鳴りをなんと呼ぶ」「僕らパンクロックで生きていくんだ」の表題曲はいずれもライヴ定番の人気曲になっており、ファンにとっては待望のニュー・シングル・リリースだ。

CD「ばかもののすべて」は初回限定生産盤が2タイプあり、「Tシャツ盤」には新曲3曲にオリジナルTシャツが、「ラバ盤」にはオリジナル・ラバーバンドがついてくる。そのいつもながらイカしたデザインはページ下の画像で確認してほしい。通常盤は「1曲多い通常盤」という通常ではない通常盤(?)になっており「ここじゃないけどいまなんだ」と名付けられた楽曲が追加で収録されている。“ここじゃないけどいまなんだ”といえば、かねてから忘れらんねえよがプロフィールのキャッチフレーズに使ってきた文言だけにどんな曲なのか気になるところ。また、新曲4曲ともに、盟友・おとぎ話の有馬和樹との共同プロデュースによるキラッキラの新曲となっているとのことなので、大いに期待して待っていて良さそうだ。

そして、新曲リリースが待ちきれないファンには朗報。「ばかもののすべて」がTOKYO FM他全国38局ネットで放送中の人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」にて今夜12月4日(木)に初解禁されることが決定。これは勉強やゲームや色々やっている手を休めて聴くしかない。なお、シングルに収録される「今夜いますぐに」はOTOTOYから絶賛配信中。こちらも忘れずにチェックしておこう。(岡本貴之)

・忘れらんねえよオフィシャル・ウェブサイト
http://www.office-augusta.com/wasureranneyo/

・忘れらんねえよの作品はOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/81042

忘れらんねえよ5th Single
「ばかもののすべて」
2015年2月4日(水)

【Tシャツ盤】(CD+オリジナルTシャツ)3曲収録
1.ばかもののすべて
2.今夜いますぐに ※映画「日々ロック」劇中歌
3.俺たちの日々

【ラバ盤】(CD+オリジナルラバーバンド)3曲収録
1.ばかもののすべて
2.今夜いますぐに ※映画「日々ロック」劇中歌
3.俺たちの日々

【1曲多い通常盤】(CDのみ)4曲収録
1.ばかもののすべて
2.今夜いますぐに ※映画「日々ロック」劇中歌
3.俺たちの日々
4.ここじゃないけどいまなんだ ※通常盤のみ収録
※価格等詳細はオフィシャル・ウェブサイトまで

〈忘れらんねえよ ツレ伝ツアーファイナル ~そして伝説へ~〉
2014年12月12日(金)広島 NAMIKI JUNCTION w/ガガガSP
2014年12月13日(土)岡山PEPPER LAND w/ガガガSP
2015年1月17日(土)名古屋CLUB QUATTRO(※ツレ未発表)
2015年1月18日(日)梅田 CLUB QUATTRO w/神聖かまってちゃん
2015年1月25日(日)赤坂 BLITZ

〈イベントスケジュール〉
2014年12月5日(金) CHIBA LOOK 20+5th ANNIVERSARY それでも世界が続くなら結成3周年記念公演「僕らの1日だけの帰宅」
会場:千葉LOOK 共演:それでも世界が続くなら
2014年12月7日(日) 水曜日のカンパネラ 全国ツアー・平成26年度鬼退治行脚!
会場:松本ALECX 共演:夜の本気ダンス / cosmorama / コードポーザー / LOLOSWANS2014年12月22日(月) イケヤ浜松メイワン店5周年&浜松窓枠10周年記念 「CDを買ってライブに行こう!Vol.1」
会場:浜松 窓枠 共演:キュウソネコカミ
2014年12月23日(火祝)TSUTAYA presents 『カオスフェス2014』~Tカードで全員入場だよ~
会場:新木場 スタジオコースト 共演:でんぱ組.inc/が〜まるちょば/and more
2014年12月30日(火) COUNTDOWN JAPAN 14/15
会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP