ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野党各党の党首による「アベノミクス採点」がシュールすぎて苦笑の嵐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

投票日を前に、選挙に関する話題が活発化するなか、先頃放送されたニュース番組内でのひとコマが、現在、ネット上で話題となっている。

これは日本テレビ系夕方のニュース番組「news every.」で12月2に放送された各党の党首による討論の様子をおさめたもので、この中で、「アベノミクスの点数は?」と、評価を求められた各党党首は、その「点数」をフリップに書き、自らの見解を述べるという流れとなっていた。

しかし、彼らが出したフリップには、「-38万人/100点」(民主・海江田万里氏)、「39/50/100点」(改革・荒井広幸)、「マイナス/100点」(社民・吉田忠智)、「マイナス50点/100点」(共産・志位和夫)と、そのいずれもが指定されたフォーマットを無視しているかのような記載を公表した上で「持論」を展開し始めたため、これを見た視聴者からは、「笑点ちゃうやろwww」「ひねりすぎだわw」「点数ですらない-38万人wwww」「分子分母すら丸無視w」「最初見落としとったけど志位さんもじわじわくるわw」「こういう人らが当選してしまうというミラクルwwww」「もうみんな政治家やめろってばw」と、その支持政党にかかわわらず、多くの苦笑が巻き起こった模様だ。

無論、それがその後に口々に語られたトークの内容によって、内容的には補完されてはいるが、そうは言っても、政治というものは、本来、形式やルールを守るもの。いくらメイングラウンドではない場所での言動といえども、やはり彼らにはルールを守った、わかりやすい内容で発信することを求めたいところだ。

文・島田克彦

■参照リンク
https://twitter.com/yanagi_kichi/status/539695145742897152

関連記事リンク(外部サイト)

伊勢エビが陸上脱皮する超貴重な瞬間をとらえた映像が話題に【微グロ注意】
影山ヒロノブの楽曲で舞い踊れ!胸がパチパチするほどパワフルな動画投稿が話題に
【サッカー】サンプドリアの名物オーナー、意味不明なパフォーマンスが話題に
「艦これ」をパクった中国企業の呆れた言い分にネトゲファン絶句
「ピエール瀧って何やってる人?」と親に聞かれたときの模範解答がネットで話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP