ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

収録に大遅刻のマライア・キャリー、X’masツリー点灯式で生歌披露することに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現地時間12月3日の夜に行われたNBCの特番『クリスマス・イン・ロックフェラー・センター』ツリー点灯式のため、その前夜に予定されていたパフォーマンスの前撮りにマライア・キャリーが大遅刻したため収録出来なかったことが明らかになった。

キャリーは前日2日に予定されていた収録時間に、なんと3時間以上も遅刻し、冷たい雨の降るなかファンを待たせていたという。米ゴシップ・サイト“TMZ”が伝えている。彼女が現れた時には既にNBCの幹部やクルーたちはカンカンで、キャリーを追い返したそうだ。

しかし3日には、同放送局は気持ちを新たにし、最終的にキャリーはパフォーマンスをすることになった。キャリーはツイッターにて、「昨日の夜は本当にどうにもできなかったの。あの場に来てくださった方全員にお詫びします。分かってもらえると思うけど、皆をがっかりさせるつもりはまったくなかったの」と謝罪している。

結局、3日夜の生放送に出演したマライア・キャリーは、「恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)」を生で披露し、番組のオープニングを飾った。

関連記事リンク(外部サイト)

ニック・ケイヴ カイリーも出演!音楽界の鬼才に迫るドキュメンタリーが日本公開
ジェームス・ブラウンの名曲『セックス・マシーン』をピックアップした番組の放送が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP