ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon 2014年の年間ランキング発表、1位はアナ雪サントラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazon.co.jpは、2014年の年間ランキングを発表した(集計期間:2013年12月1日~2014年11月16日)。

2014年ミュージック年間ランキングでは、上半期でも1位を獲得したディズニー映画『アナと雪の女王』のサウンドトラック「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-(2枚組アルバム)」が年間を通しても堂々の1位を獲得した。下半期で最も売上を伸ばしたのが、7年振りとなるアルバムをリリースした竹内まりやの「TRAD」。通算13枚目のアルバムリリースとなる嵐「THE DIGITALIAN」も5位にランクイン。3年9ヶ月ぶりのリリースとなるDREAMS COME TRUEの「ATTACK25」は彼らの25周年のアニバーサリーアルバムとなっている。

洋楽では、第56回グラミー賞授賞式にて、最優秀プロデューサー賞の4冠を受賞したファレル・ウィリアムスのソロ・アルバム「Girl」が上半期に引き続き1位を獲得。通信事業者のCMに出演が続いているワン・ダイレクションの3枚目のアルバム「Midnight Memories」も年間通して2位。さらに、『アナと雪の女王』の輸入盤サウンドトラック「Frozen(Deluxe)」が3位にランクインしている。

総合
1位「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-(2枚組アルバム)Double CD」 V.A.
2位「TRAD(初回限定盤)(DVD 付)CD+DVD, Limited Edition」竹内まりや
3位「HIT! HIT! HIT!(アルバム+2 枚組 DVD)(初回生産限定盤)CD+DVD」Kis-My-Ft2

デジタルミュージックストアの2014年の年間ランキングは「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(日本語歌)」が総合で堂々の1位。サウンドトラックや楽曲含む「アナと雪の女王」関連曲が上位を占めた。

アルバム総合では朝倉さやによる山形弁カバーアルバム「方言革命」、May J.「Heartful Song Covers」とカバーアルバムが2作ランクインしたほか、ファレル・ウィリアムスの最新アルバム「ガール」、アリアナ・グランデ「My Everything」がTOP10入り。

アニメ/ゲームランキングでは、TVアニメ「キルラキル KILL la KILL」オープニングテーマ「ambiguous」「進撃の巨人」オープニングテーマ「紅蓮の弓矢」「ガンダムGのレコンギスタ」エンディグテーマ「Gの閃光」ほかがランクイン。

アルバム総合
1位「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】」Various Artists
2位「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」Various Artists
3位「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」Various Artists

Amazon 2014年の年間ランキング
www.amazon.co.jp/best2014

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP