ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意図が見えない謎の補強する巨人 理由は「不甲斐ない二軍」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 FA宣言や球団移籍など、プロ野球はストーブリーグの話題もにぎやかだ。ヤクルトが大型補強に約10億円を費やす一方で、毎年金満補強を行なう巨人は史上稀にみる「謎の補強」を実行中だ。

 一塁コンバートが決まった阿部慎之助より年上の相川亮二捕手(ヤクルト)と、横浜から金城龍彦外野手の38歳コンビをFAで獲得。ファンは「意図が見えない」と首を傾げている。

 相川獲得の背景には、嶋基宏(楽天)や炭谷銀仁朗(西武)の両FA捕手の獲得に失敗した事情もある。しかし、ベテラン頼りの理由は「不甲斐ない二軍」というお家事情からだった。

 実は今季のイースタン・リーグの打率は2割4分7厘でぶっちぎりの最下位。本塁打数も1位のロッテのほぼ半分の63本という有様だった。活躍が期待できそうな若手がおらず、どうやら勝負強いベテランしか頼れない、というのが実情だ。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「横浜主力獲得で日本一」都市伝説根拠に巨人は金城に食指?
成瀬・大引ら大型補強の理由は「ヤクルト創業80周年の節目」
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。