ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝青龍 アサショウリュウ・ダグワドルジへの改名を手続き中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2010年2月の電撃引退から早5年。元横綱・朝青龍ことドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏(34)は現在、モンゴルの首都ウランバートルで実業家としての日々を暮らしていた。ノンフィクションライター柳川悠二氏が近況について、現地独占インタビューした。

 ウランバートルの中心部は高層ビルが軒を連ね、月単位で景色が変わるという。ここ数年で物価は高騰し、中古車店ではトヨタ・ランドクルーザーが大人気だ。ただし、急速に発展を遂げた中国同様、モンゴル人の運転マナーは劣悪で、上空はスモッグで覆われていた。

──日々変貌する同国では相撲人気にも翳りが見え始めている。空港で流れていた大相撲中継に誰も見向きもしていなかった。朝青龍が引退して5年、モンゴル人初の横綱という経歴がモノを言う時代ではなくなった。 昨夜のパーティーではビジネスパートナーを招いていました。いま、どのようなビジネスを考えていますか。

「日本だけでなく、中国、韓国、それに隣のカザフスタンやロシアと、グローバルビジネスをしたい。モンゴルには、農薬に汚染されていない土地がたくさんある。そこでソバや野菜を作りたいね。今年の3月から北海道の『きたあせ』というソバの品種の栽培をモンゴルで挑戦してみたら、これがうまかった。『朝青龍蕎麦』には手応えを感じているよ」

──横綱の功績があるのだから、朝青龍の名前を前面に押し出すようなビジネスも考えられるのでは。

「自分の名前で客が呼べるビジネスなんて、ちゃんこ屋ぐらいしかないよ」

──現在はモンゴルレスリング協会の会長を務め、スポーツ親善大使のような活躍も目立ちます。

「国の発展と共にスポーツは発展するからね。ビジネスで稼いだお金は、スポーツ界に流したいと思っている」

──9月に韓国・仁川で開催されたアジア大会では、韓国人選手とモンゴル人選手の間で争われたボクシングの試合結果(流血するケガを負った地元韓国人選手が判定勝利)に朝青龍は激怒し、「キムチやろう!」とツイッターでつぶやき話題を呼んだ。負けず嫌いで、直情的なのは相変わらずだ。

「私は闘志を持っている人間だから、納得のいかない負け方をした選手の気持ちがよくわかる。一度や二度じゃなかったからね。それに、モンゴル国旗を逆立ちさせて、飾っていた」

──逆立ち?

「国旗の上下が反対だったことに、一番怒ったんだよ。愛国心が強い私には侮辱的なことだった。アジア大会というビッグイベントでこんなミステイクは許されない。あっ、でも、日の丸は上下が反対でもぜんぜん分からないな(笑)。誤解して欲しくないのは、韓国の人が嫌いなわけじゃない。私にも韓国人の友人や、日本の二世、三世のベストフレンドがいる」

──今年9月には国際レスリング連盟の理事選にも出馬されましたが、あえなく落選しました。

「失敗した。本名で出馬したから、誰も私だと分からなかった。世界で通じるのは、朝青龍の名。だから改名しようと、今、手続きしている。今後は、『アサショウリュウ・ダグワドルジ』になる。これはあんたたちの雑誌のスクープだよ」

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝青龍「どんどん角界に関わっていく」発言に協会震え上がる
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
八百長引退モンゴル力士を猪木獲得 マット界にも蒙古旋風か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP