ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】数学がいかに実生活の中で役立つかという学園ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『お任せ! 数学屋さん2』向井湘吾/ポプラ社/1500円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 私はフィクションをあまり読まないのだが、この本はフィクションとノンフィクションの中間だ。数学がいかに実生活のなかで役立つのかということを、学園ドラマのなかで読者に実感させる仕掛けが施されている。

 著者は、東大卒で数学オリンピックの本戦にも出場した数学の達人だ。物事というのは、本物の達人が色々言いたいことをぐっとこらえて、エッセンスだけを伝えようとしたときが、一番分かりやすい。高性能の車が、余力を十分残して走る時が、一番乗り心地がよいのと同じだ。

 私がこの本を読んで真っ先に思い出したのは、ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎が書いた「光子の裁判」という小説だ。密室殺人事件の犯人として起訴された光子に検察が「どちらのドアから部屋に入ったんだ」と聞くと、「両方のドアから同時に入りました」と光子は証言する。

 検察は激怒するが、やがて裁判が進むにつれて、光子の証言が真実であることが明らかになるという筋書きだ。実は光子は光の粒子で、量子学を説明するために書かれた小説なのだが、この小説で私は少し量子学が分かった気がした。

 この本は、ずっと分かりやすい。一つは、難しい数学理論を扱うのではなく、数列とか、三角関数とか、中学生で習うレベルの数学が採り上げられていること。そして、もう一つは、ごく普通の学園生活のなかで生じる課題の解決に、数学的思考を持ち込んでいるためだ。「不登校の生徒を救いなさい」とか「乙女心を理解しなさい」といった一見数学と縁のないようにみえる課題に、数学的思考を持ち込んで解決しているのだ。

 正直言うと、私は元理科系で、数学が最も得意な科目だったので、ここで書かれている数学のことは全部知っていた。それでも小説として十分楽しい。ただ、本書が一番お薦めなのは、数学が不得意だった人だ。確かに数式は出てくるが、丁寧に、かつ自然にストーリーのなかに数学が織り込まれているので、少なくとも分かった気分にはさせてくれるだろう。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
来年の九州大学数学科後期入試募集 9名の内女子枠5名
幸福の科学学園“東大プロジェクト”で合格者数に注目集まる
貴乃花、海老蔵、勘三郎…宮沢りえの悲恋の裏にりえママあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP