ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

呼吸不全で死去の中島啓江さん 肥満の原因に父親のDVと過食あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《私はこの体型が気に入っている。ダイエットなんて考えたこともない。それが私の生き方》。あるインタビューで、11月23日に亡くなったオペラ歌手・中島啓江さん(享年57)は、身長165cm、体重170kgともいわれた自らの体についてそう語った。

「11月17日に“息がしづらく苦しい”と中島さんから事務所社長に電話があったんです。そこで、マネジャーが彼女を病院へ送り届けました」(事務所関係者)

 以前から、肥満により肺と心臓が圧迫され、酸素がうまく取り込めていないと医師に指摘されていた中島さん。この日も、検査をすると血中酸素濃度が低く、酸素吸入をして大事をとって入院した。当初は切迫した様子もなく、彼女自身はすぐに自宅に戻るつもりだったという。

 ところが翌日、医師から退院の許可は下りなかった。都内で講演会を予定していた中島さんは、一時外出を申請して会場へと向かった。

 そして、11月23日の朝、容態が急変する。意識不明に陥ると、医師らの懸命の処置もむなしく、帰らぬ人となった。あまりに突然の出来事に、親族や事務所関係者も彼女の最期に立ち会うことができなかったという。

 大きな体が印象的だった中島さん。オペラ歌手は、声を共鳴させるため、あえて太っているほうがいいという考えもある。しかし彼女の場合、肥満の原因には幼少より受け続けた父親からのDVと過食があった。

《理由もなく、いつもどなっていた。酔って暴れ、物を投げる。母をける。その声を聞くだけで、体が固まり、心臓がドキドキした》

 かつて中島さんは雑誌のインタビューで当時を振り返り、壮絶な日々をそう語ったこともあった。彼女の右手首には、父親が包丁を振り回した時に、母親をかばってついた傷が生々しく残っていたという。

 1996年12月に、母親がくも膜下出血で入院。翌年8月に亡くなるが、母親が入院している9か月の間に、父親からのDVを一身に受け続けたストレスから、さらなる過食症に陥ったという。

 しかし、そんな状態でも仕事を続け、父親のために部屋を借り、無心にくれば金を渡した。その父親も肺がんのため2007年に他界したが、気づけば50代のおひとりさま。生活を律する人もおらず、一度増えた体重はなかなか元に戻らないどころか、2009年には190kg目前に迫った。

 今回、彼女の命を奪った“呼吸不全”について、医学博士の狭間研至氏はこう解説する。

「呼吸器の機能が低下し、体中に充分な酸素を送れなくなるのが呼吸不全です。これ自体は病気ではなく、肺炎などの呼吸器の疾患によって引き起こされます。中島さんの場合、心臓や肺への圧迫に加え、首回りの脂肪も呼吸のしづらさに拍車をかけていたのでしょう。この状態が続くと、日中の眠気や起床時の頭痛、全身の倦怠感などにつながります。重症化すると心臓に負担がかかり、意識障害やこん睡など、命を危険にさらす可能性もあります」

※女性セブン2014年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マッサン主題歌・中島みゆきにNHKが12年ぶり紅白出場を懇願
『マッサン』主題歌を唄う中島みゆき 朝ドラ見たことなかった
バレー清水選手と熱愛の中島美嘉 元カレとは結婚目前で破局

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP