ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【タイレポート2014】タイ三大祭りの一つ「象祭り」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 日本でも三大祭りとして挙げられることが多いが、タイでも三大祭りと称される祭りがある。一つは「ロイクラトン」。陰暦12月、収穫に感謝を表すために川に灯籠を流すイベントだ。もう一つはウボンラチャタニー県にて最大規模で催される「ろうそく祭り」。仏教僧が寺院からの外出を禁止されるカオパンサー(7月初旬)に、繊細に彫刻された蝋製の像の数々が街をパレードする。そして三つ目が今回紹介する「象祭り」である。場所はバンコクからバスで6時間ほどの場所にあるスリン県。カンボジアとの国境を有しており、人口100万人強ほどの県で開催される。観光スポットなど特にないスリン県は、「象祭り」の時期だけ街の様子ががらっと変わる。タイ三大祭りと称されるだけあり、訪れる人の数が半端ない。どこのホテルも特別料金として部屋代が通常の倍近くになり、しかもほぼ満室になるほどの人気っぷりなのだ。今年2014年に催された象祭りの期間は、11月13日から16日。象祭りの本番は朝9時から始まる。会場となるのはスリン市街地のやや南に位置する「Elephant Festival Round Up」。普段は競技場として利用されている会場に、スリン県だけではなく、タイ全土から象が集結。その数、なんと200頭以上にものぼるという。
祭りでは象のショーやサッカー競技以外に、アユタヤ時代の戦闘を再現したシーンなどが催されるため、出演者もかなりの人数になるのだ。
世界中にいる象の種類は大きく分けて、アフリカ象とアジア象の2種類。アフリカ象は一般的に体が大きく気性が激しいが、アジアに分布するアジア象はアフリカ象に比べ脳が発達しており、人からの指示を理解し的確に行動することが出来るため、高度なパフォーマンスを披露することが出来るのだ。
祭りの最後に催された、アユタヤ王朝時代のビルマ軍との戦い。牙を残した巨大な象が組み合い、戦いを演じるのだ。この演目を最後に、3時間ほどの象祭りは幕を閉じる。

この象祭りは、ギネスにも登録されている。2003年に参加した象の総数269頭が、現在のギネス記録なのだという。来年2015年はその記録更新を狙っているそうだ。次回の象祭りは、例年以上の話題を提供してくれるだろう。
(Written by 西尾康晴)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【タイレポート2014】世界的な奇祭「プーケットの菜食祭り」とは
戦慄!15000匹の食用ウシガエルを養殖している施設!
とっておき香港グルメ 見た目グロテスクだけど絶品!「鳩」料理

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP