ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは戦争だ! 4000人規模の「Ingress」公式イベin東京で何が起きるのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日比谷公園野外音楽堂の「Ingress Intel Map」
12月13日(土)に東京でGoogleの大人気スマートフォンゲーム「Ingress」の公式ユーザーイベント「Darsana」が開催される。

集合場所は日比谷公園野外音楽堂で、終了場所はベルサール渋谷ガーデン。想定4,000人以上のエージェント(Ingressユーザーのこと)が、指定されたエリア内のポータルを奪い合う、青と緑による熾烈な攻防戦が繰り広げられる。

また、当日はGoogleの副社長にして「Ingress」を開発した同社の社内スタートアップチーム・ナイアンティック・ラボの創業者であるジョン・ハンケさんが来日し、ウェルカムスピーチを行う。

さらにイベント終了後のアフターパーティーには、テクノポップユニット・Perfumeのインタラクティブ演出などを手掛けるメディアアーティスト・真鍋大度さんが、「Ingress」の音や映像を使った映像演出を行う。

ゲームとリアルを融合

「Ingress(イングレス)」は、Googleの社内ベンチャー部門・ナイアンティック・ラボが開発したスマートフォン向けの無料ゲームアプリ。

青チーム 対 緑チームによる、多人数参加型陣取りゲームのようなもので、ゲームの目的は世界各地に散らばる「Portal(ポータル)」と呼ばれる拠点を自陣にしていくことにある。

最近では「第18回文化庁メディア芸術祭」のエンターテインメント部門で大賞を獲得し、ゲームと現実世界を融合させた革新的な作品として、今、大きな注目を集めている。

今回の「Darsana」への参加は無料。参加を考えているエージェントは、申し込みフォームより参加登録をしよう。

引用元

これは戦争だ! 4000人規模の「Ingress」公式イベin東京で何が起きるのか

関連記事

恋の予感がする! 岩手県がバレンタインにIngressイベント開催
【初心者編】「Ingress」のニコ生ゲーム実況をやって学んだこと 用語解説付
JAXA公認ARアプリとアクセがすごい だいち2号の頭上通過時に通知

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP