ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実際にセメントで作る子ども向け「井戸の模型」が地味にデキが良くて欲しいぞ(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プラモデルといえばガンプラ(ガンダムのプラモデル)が人気だが、日本の城シリーズや、茶屋シリーズ、田んぼや駅舎などのプラモデルもジワジワくる楽しさがある。

だがしかし! 西洋にはもっと本格的な模型があった。実際にセメントで作る子ども向けの「井戸の模型」である! 城でもなく、よりにもよって井戸って(笑)。

確かに、ヨーロッパの田舎に行けばいまだに井戸を使っている家がたくさんある。それだけ、井戸は馴染みの深いものなのだろう。とはいいつつも、井戸の模型って(笑)。

馬鹿にできないのは、その本格的なつくりである。実際にセメントをこね、レンガを積み上げ、円形の井戸を作っていくのである。完成した井戸は、まさに中世ヨーロッパの井戸!

ちなみに価格は1944円円で、オトナだったら「買ってもいいかな?」と思えるお値段。

これが机の上にあったら、けっこう癒やされるかもしれない。ヨーロッパに旅をしたくなるかもしれない。まあ、水は出てこないが、「絶対におかしいだろ」と思いつつ、欲しくなっている自分がいたのだった……。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
Via: 井戸の模型

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP