ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家入レオ、アジアを代表する音楽フェスにて“Best Asian Artist Japan”賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家入レオ、アジアを代表する音楽フェスにて“Best Asian Artist Japan”賞を受賞

12月3日、4時間半越えの生放送で行われたフジテレビ系「2014FNS歌謡祭」に初出演し、チェッカーズの代表曲のひとつ「Blue Moon Stone」を藤井フミヤと同郷コラボ歌唱、そして豪華アーティスト共演によるクリスマスメドレーにも2曲歌唱参加した家入レオが、同日日本時間20時から行われた「2014 Mnet Asian Music Awards」にて“Best Asian Artist Japan”に選出された。

Mnetは韓国のケーブルテレビで、日本のスカパー!でも放送されている韓国系音楽専門チャンネル。「Mnet Asian Music Awards」(略称:MAMA)は1999年にMnet KM MUSIC Festivalとしてスタートし、アジアを代表するグローバル授賞式に成長した2009年より現在の名称に変更。2010年にマカオ、2011年にシンガポール、2012年からは香港で開催され、名実共にアジア最高の音楽フェスティバルとして、アジアはもちろん世界中の音楽ファンが楽しむ音楽祭となり、スティーヴィー・ワンダーをはじめとする海外トップスターも出演した昨年のMAMAは、世界94か国24億人が視聴、世界がMAMAを通じて音楽でコミュニケーションする場に。

今年2014年はEXO、G-DRAGON(from BIGBANG)、SOL(from BIGBANG)、SISTER、IU、INFINITEといった韓国のスターたちが集結、12月3日香港Asia World-Expoにて日本時間20:00から生中継され、当日正午まで行われたMAMA公式ウェブサイトでの投票を元に、各部門の受賞アーティストが発表された。

そんな中、栄誉ある“Best Asian Artist Japan”賞を今年2014年は家入レオが見事受賞。同賞には昨年2013年にはきゃりーぱみゅぱみゅが、2012年にはAKB48が受賞している。

家入は現在、担当するTBS系金曜ドラマ「Nのために」主題歌ともなっている最新シングル「Silly」がiTunesやレコチョクといった主要配信各サイトで大ヒットを記録しており、同曲は「サブリナ」「Shine」「太陽の女神」といった数々のヒットチューンを持つ家入にとっての新たな代表曲ともなるだろう勢いで、ドラマ視聴者の枠を超えて支持を獲得中。

また、12月13日の自身20歳の誕生日には、東京・新木場STUDIO COASTにて一夜限りのワンマンライブ“LEO IEIRI LIVE 12/13 ~thanks 2014~”を開催。その後24日には愛知・ZEPP NAGOYAにて行われる“FM AICHI 45th Anniversary Special Live”に、28日には千葉・幕張メッセ国際展示場1~11ホール/イベントホール(COSMO STAGE)にて行われる”ROCKIN’ON presents COUNTDOWN JAPAN 14/15”に出演することが決定している。

関連リンク

家入レオ オフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/
家入レオ オフィシャルBLOGhttp://ameblo.jp/ieirileo
家入レオ オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/ieirileo/
家入レオ オフィシャルmixiページhttp://p.mixi.jp/leo_ieiri
家入レオ LINE公式アカウント(スマホ)http://line.naver.jp/ti/p/%40ieirileo

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。