ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嘆願の類って法律で認められている?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 義憤に駆られて、社会の不条理な実情を関係する行政機関などに申し出たり、嘆願したりする行為。

 ふと思うと、過剰になれば行政機関の業務に支障が出たりもしそうですが、こうした嘆願や陳情などは、そもそも法律で認められているでしょうか?

(1)認められている
(2)認められていない

A.

正解(1)認められている

 日本の法律の中には、「請願法」という法律があります。この法律では、陳情や嘆願などの行為について、適式に行えば、行政機関は誠実に処理しなければならないと定められています(請願法5条など参照)。
 また、行政機関は請願を行うことで差別的扱いをしてはならない(請願法6条)とされており、デメリットはありません。テレビでよく見かける大臣への陳情というのも、多くはこの法律に根拠があります。

 民主主義の発展のために、民衆が声を上げることは大切なことだから、という点がこの法律の背景にはあります。

元記事

嘆願の類って法律で認められている?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP